スーパーGT ニュース

投稿日: 2020.09.16 15:10
更新日: 2020.09.16 15:11

R&D SPORT 2020スーパーGT第4戦もてぎ レースレポート


スーパーGT | R&D SPORT 2020スーパーGT第4戦もてぎ レースレポート

スーパーGT第4戦ツインリンクもてぎ
予選順位:4番手
決勝順位:3位
Team Ranking:4位
Driver Ranking:3位

RACE REPORT
2020.09.13 - SUPER GT第4戦 ツインリンクもてぎ・決勝

SUBARU BRZ GT300 粘り強く走り3位表彰台を獲得

 9月13日(日)スーパーGTシリーズの第4戦『FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE』の決勝レースが栃木県のツインリンクもてぎで無観客開催されました。

 前日まで小雨や雷雨など、不安定な天気でマシンのセットアップやタイヤ選択など、悩ましい状況でしたが、決勝の朝は晴天、午後のスタートの頃は曇りになったものの、雨はなく気温27度、路面温度34度という状況でレースは始まりました。

 決勝に向けて各車は20分間のウォームアップ走行を行ないます。が、SUBARU BRZ GT300はエンジンが始動しないというトラブルが発生しました。メカニックの懸命の処置で復旧し、決勝レースに間に合わせることはできたものの、一抹の不安は残してしまいました。

渋谷総監督
「原因と考えられるありとあらゆるところをチェックし、始動に関係する部品を交換し、なんとかスタートには間に合わせることができましたが、こうした問題が出てしまったことは申し訳なく思っています」

 チーム戦略は、ドライバー交代のタイミングで、タイヤの摩耗状況を判断し、交換本数とソフト、ハードのどちらを採用するかを判断するという作戦です。

 予選4番手からのスタートは山内英輝が務めます。スタートダッシュで結果を出し続けている山内は、今回もオープニングラップで1台を抜き3番手に浮上します。

山内英輝
「朝のトラブルにもメカニックが一生懸命対応してくれたので、その恩返しのつもりで、ひとつでも順位をあげたいと思い狙ってました。うまいタイミングでインを取れたので狙いどおりにできました。あとは、井口選手につなぐことだけ考えて順位を守りました」

2020年スーパーGT第4戦もてぎ SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)

 山内は29周目にピットインをし、井口卓人と交代します。チームはリヤ2本だけの交換を選択し、フロントは無交換でいく作戦です。井口がコースへ戻ると実質4番手のポジションでレースに復帰しました。

井口卓人
「フロントがユーズドでリヤがニュータイヤだったので、前後のバランスが違って、ちょっと乗りにくかったのですが、慣れてきたらラップタイムを戻せたので、よかったです」

「その間に順位を落とすことなく走れましたが、ラスト10周くらいからさすがにフロントタイヤが厳しくなって、ブレーキバランスの変更を無線で指示してもらい、それでまた乗りやすくなりました」

「ポジションは4番手に戻せたのですが、残り4周というところで2番手を走っていたマシンがリタイアしたため、幸運にも3位表彰台に登れました」

 朝のトラブルへの対応、山内のジャンプアップ、井口の粘り、そして戦略のすべてが噛み合ったレースとなりました。

渋谷真総監督
「最高の結果です。これだけウエイトハンデを搭載して予選4番手から追い上げることができたというのは全て良かったということだと思います」

「次は富士ですけど、ウエイトが増えても大丈夫のような気もしてきました(笑) スペシャルも用意しているので、頑張りたいとおもいます、期待してください」

 次のスーパーGT第5戦は富士スピードウエイで10月3日(土)、4日(日)に行なわれます。このレースから観客を入れての開催となりますが、現時点では収容人数が未確定となっています。まだまだコロナ対策が必要な状況ですが、SUBARU BRZ GT300への応援をよろしくお願いします。

2020年スーパーGT第4戦もてぎ SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
引地裕美(ひきちゆうみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング