スーパーGT ニュース

投稿日: 2020.10.26 11:17
更新日: 2020.10.26 11:26

R&D SPORT 2020スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | R&D SPORT 2020スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート

REPORT
スーパーGT第6戦鈴鹿サーキット

予選順位:2番手
決勝順位:12位
Team Ranking:5位
Driver Ranking:5位

RACE REPORT
2020.10.25 - SUPER GT第6戦鈴鹿サーキット・決勝
<h3>こぼれ落ちた優勝。セーフティカーに翻弄され12位完走</h3>

 10月25日(日)三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットでスーパーGT第6戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE』の決勝レースが行なわれました。第5戦から再開された観客を入れてのレースに、SUBARU BRZ GT300の活躍が期待されます。

 ウエイトハンディをフルに搭載しBoPと合わせて115kgの重量を背負いながら、BRZ GT300は快調な走りを公式練習、予選で見せています。シリーズチャンピオンに向けて重要なレースとなる第6戦決勝にも期待がかかります。

 予選2番手の絶好のポジションからのスタートとなった300kmレースは、山内英輝がスタートドライバーを務めます。ポールポジションはGT3のRC F 96号車でウエイトハンディは24kgと軽量です。
 
 スタートから快調に飛ばし、山内もおおよそ1秒以内の差で追走しながら徐々に差を詰めます。そして7周目、ヘアピンで並ぶ状況まで追い詰め、激しいトップ争いのサイドバイサイドを約半周展開をします。そして山内はS字コーナーで96号車を交わし、ついにトップに立ちます。

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)

 トップに立つと山内はさらに調子を上げ、2番手以下に差をつけ始めます。リヤタイヤがきくつなった状況でも、2番手との差は縮まりません。同じようにライバルもタイヤが厳しい状況となり、2番手に15秒354までのギャップを広げていました。そしてピットインが近づいたタイミングで、他のマシンのコースアウトによりセーフティカーが導入されます。

 セーフティカーランの間はピットインできないルールのため、山内はピットインできずに周回を重ねることになります。持っていた15秒強のマージンも全て吐き出してしまう不運です。
 
 リスタートとなってすぐにピットへ戻りますが、すでにピット作業を終えているライバルチームとは、ピットの作業時間やピットロードの走行にかかる時間分だけ、まるまる差を広げられる結果になります。

 BRZ GT300は井口卓人にドライバー交代し、コースに復帰した時は18番手。うち2台はルーティンのピットを消化していないため、実質16番手でコースに戻ります。この時点でトップ争いから一気にベスト10狙いのレースに変ってしまいました。

 井口は最後まで粘り強く、ラップタイムを落とすことなく前を走るマシンを追いかけます。最終ラップにも1台を追い抜き最終的には12位でフィニッシュしました。

■コメント
渋谷真 総監督

「コメントが難しいですね。ここまでドライバーは全力で走ったし、メカニックもノーミスで、マシンも快調でした。SCの導入は仕方ないですが、シリーズに向けてのポイントが完走ポイントだけになってしまったのが厳しいです」

「次のもてぎではウエイトハンディが半減されるので51kg搭載です。BoPでのウエイトはまだわかりませんが、小排気量のエンジンには負担が少し楽になりますので、しっかりと準備をして、マシンをアジャストさせることに注力して臨みます」

「まだ、シリーズ上位は狙えますからBRZらしく粘り強く戦っていきたいと思います」

 次戦は2週間後の11月7日(土)、8日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、スーパーGT第7戦が開催されます。全8戦のシリーズもいよいよ大詰めです。みなさんからの声援をよろしくお願いします。

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)


本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング