スーパーGT ニュース

投稿日: 2020.10.26 15:53
更新日: 2020.10.26 16:11

ブリヂストン 2020スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | ブリヂストン 2020スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿サーキット[GT500]

ハンディウエイトに苦しむ各車のなかで佐々木大樹/平峰一貴(カルソニックIMPUL GT-R/BS)が2位。ポールスタートの野尻智紀/福住仁嶺(ARTA NSX-GT/BS)が3位フィニッシュ。

開催場所:鈴鹿サーキット
開催日:2020年10月24日(土)~2020年10月25日(日)

 秋の好天の下、今シーズン2回目の鈴鹿サーキットで開催された第6戦は、限定数の観客が入場。決勝日には1万9000人が来場した。今季3度目のポールポジションからスタートした野尻智紀/福住仁嶺(ARTA NSX-GT/BS)は、ピットインまでの序盤をリードした。しかし、アクシデントによってセーフティカー導入の直前にピットインした最後尾スタートの松田次生/ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R/MI)がトップに立ち、今シーズン2勝目を飾った。

<予選>

 第6戦は、シリーズ中もっとも各車のハンディウエイトが重くなる一戦。ランキング上位を占めるブリヂストンタイヤ装着車たちは軒並み重く、そして厳しい燃料流量リストリクターを装着されて苦しい展開となった。
 
 予選の主役は、やはりハンディウエイトが軽い車両たちだった。Q1の終盤、各車がQ2進出に向けてアタックをかけていた時に松田/クインタレッリ組がコースオフして激しくクラッシュ。セッションは中断された。同じ周にアタックをかけていたチームは、アタックを中断せざるを得なくなった。
 
 セッションは残り5分で再開されたが、結果的にこの中断の影響を受けたチームは少なくなかった。ブリヂストン装着車は4台がQ2に進出を果たし、ハンディウエイト32キロの野尻/福住組、6キロの佐々木大樹/平峰一貴(カルソニックIMPUL GT-R/BS)に期待がかかった。そしてQ2ではその期待に応えた野尻/福住組がシーズン3度目のポールポジションを獲得した。

<決勝>

 決勝52周レースの序盤は予選順位通りに野尻/福住組が首位をキープして展開した。ドライバーの最低義務周回数である18周が過ぎて各車はピットインしてドライバー交代を行い始めた。上位陣がほぼピットインを終えた22周目にアクシデントが起こってセーフティカー(SC)が導入された。
 
 予選でクラッシュし赤旗中断の原因となってしまいノータイム、最後尾スタートなった松田/クインタレッリ組は、チームからの指示でSCがコースインする直前にピットインしてレースに復帰。コース上の全車をパスすることができてトップに立った。
 
 22周から26周までSCの先導で周回した後にレース再開。4番手スタートから序盤で2番手に順位アップしていた佐々木/平峰組はそのポジションを維持。その背後に野尻/福住組がつけた。終盤にはこの2台による2番手争いが激しく展開され、0.7秒差でカルソニックIMPUL GT-R/BSが今季初の表彰台2位を獲得した。

<ドライバーコメント>
佐々木大樹

「今シーズンは、トラブルや不運な展開ばかりで結果が残せず、ブリヂストンをはじめサポートしていただいた皆さんの期待を裏切ってしまって来ました。今回、ハンディウエイトが軽かったこともあり、予選から好調でした」

「そして決勝の序盤から順位を上げることができて2番手まで上がってドライバー交代をしました。そのままの順位で終えられてやっと星野監督の笑顔を見ることができました。残す2戦では優勝を狙います」

平峰一貴

「ピットで序盤の展開をモニターで見ていた時、2番手に上がった瞬間に横にいた星野監督に『よーっし』と左肩を強く叩かれて気合が入りました。セーフティカーラン明けから8号車(野尻/福住)が迫ってきましたけれど、なんとか抑え切ることができました」

「抜かれたら今度は右肩を監督に叩かれてしまいますから(笑) マシンもタイヤも素晴らしかった。この調子であと2戦も優勝を目指します」

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/平峰一貴)
2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/平峰一貴)

<ブリヂストン MSタイヤ開発部マネージャー:山本貴彦のコメント>

「この第6戦は、ブリヂストンタイヤのユーザーたちにとっては、上位ランカーのチームにハンディウエイトがかさんでいますから苦しい展開でした。その状況のなかでウエイトがあまり積まれていないチームに結果を出していただけました」

「IMPULチームは、トラブルやアクシデント、不運な展開でここまで来ましたがようやく結果が出ました。勝敗はセーフティカーの導入による運の要素で決まってしまいましたが、勝てなかったことは反省しなくてはなりません」

「ポイントランキングはより熾烈に上位陣が僅差で終盤の2戦を迎えることになりました。強力なサポートでチャンピオン連覇に向けて努力します」

■次のページへ:2020年 スーパーGT 第6戦 鈴鹿サーキット[GT300]


本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング