スーパーGT ニュース

投稿日: 2021.03.10 18:48
更新日: 2021.03.15 11:06

横浜ゴム、2021年も『ADVAN』『GEOLANDAR』を主軸に幅広いモータースポーツ活動を展開


スーパーGT | 横浜ゴム、2021年も『ADVAN』『GEOLANDAR』を主軸に幅広いモータースポーツ活動を展開

2021年03月10日
プレスリリース

横浜ゴム、2021年モータースポーツ活動計画

 横浜ゴム(株)は2021年のモータースポーツ活動計画を発表しました。当社は中期経営計画“Yokohama Transformation 2023(YX2023)(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン”のタイヤ消費財戦略において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド『ADVAN(アドバン)』、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド『GEOLANDAR(ジオランダー)』、『ウィンタータイヤ』の販売構成比率最大化を掲げています。
 
 その中で、モータースポーツ活動を技術開発および『ADVAN』『GEOLANDAR』ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦していきます。
 
 なお、イベントレポートやリザルトは、横浜ゴムのモータースポーツサイトやモータースポーツ専用の公式SNSでも情報を発信していきます。主な活動計画は以下のとおりです。

■GT・ツーリングカーレース

<スーパーGT>
 スーパーGTはメーカーのワークス勢が主力となるGT500と個性的なチームが競い合うGT300のふたつのクラスで争われます。GT500は独自の規則に則った車両が参戦。一方、GT300は自動車メーカーが製造販売する国際規格のFIA GT3マシンと日本独自のGT車両ならびにマザーシャシーが混在し、国内外のバラエティ豊かな車種が競い合います。
 
 2020年はKONDO RACINGのリアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)がGT300クラスのシリーズチャンピオンを獲得しました。2021年はGT500では2チームをサポートし、GT300においても19台にタイヤを供給してヨコハマタイヤユーザーを支えていきます。2021年は国内での全8大会の開催が予定されています。

リアライズ日産自動車大学校 GT-R 2021スーパーGT岡山公式テスト
リアライズ日産自動車大学校 GT-R 2021スーパーGT岡山公式テスト

<ニュルブルクリンク24時間耐久レース>
 2021年はBMWカスタマーチーム、Walkenhorst Motorsportとパートナーシップ契約を締結し、『第49回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ADAC TOTAL 24h-Rennen)』とニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)全9戦において3台のBMWのGT3にタイヤを供給します。

 供給タイヤはドライ用の『ADVAN A005』とウエット用の『ADVAN A006』。2020年はニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)に参戦した34号車BMW M6 GT3が最高峰クラスであるSP9 Proクラスのクラスチャンピオンを獲得しました。

<TCRリージョナル選手権・ナショナル選手権>
 世界各国にて行われているTCRリージョナル選手権やナショナル選手権にADVANレーシングタイヤをワンメイク供給します。TCRジャパンシリーズ(TCRJ)をはじめ、海外でもTCRスカンジナビア、TCRデンマーク、TCRドイツ、TCRロシアにもタイヤを供給します。供給タイヤはドライ用の『ADVAN A005』とウエット用の『ADVAN A006』。

<その他GT・ツーリングカーレース>
 北米では2021年より新たにPorsche Sprint Challenge North America by Yokohama、およびYokohama Drivers Cup USAにタイヤを供給するほか、日本で行われるインタープロトシリーズ(IPS)など世界各地のレースにADVANレーシングタイヤをワンメイク供給します。

■フォーミュラレース

<全日本スーパーフォーミュラ選手権>
 2016年からワンメイク供給を開始した全日本スーパーフォーミュラ選手権では2021年もADVANレーシングタイヤを継続供給します。供給タイヤはドライ用の『ADVAN A005』とウエット用の『ADVAN A006』。

全日本スーパーフォーミュラ選手権
全日本スーパーフォーミュラ選手権

<全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権>
 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に、ADVANレーシングタイヤをワンメイク供給します。同シリーズはこれまで全日本F3選手権が果たしてきた“トップドライバーへの登竜門”としての役割を継承し、2020年より新たにスタートしたシリーズです。昨年に続き、供給するタイヤはドライ用の『ADVAN A005』とウエット用の『ADVAN A006』。

<スーパー-FJ>
 JAFの地方選手権として、東北から九州までの主要サーキットにて地方選手権シリーズが設定され、激戦を繰り広げるスーパーFJにADVANレーシングタイヤをワンメイクにて継続供給します。

■次のページへ:ラリー


関連のニュース

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
宮本りお(みやもとりお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング