国内レース他ニュース

2017.04.09

ポルシェカレラカップ・ジャパン 第1戦岡山 決勝レポート


プレスインフォメーション
2017年4月08日

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2017 ー 第1戦(岡山)決勝レポート

岡山. 岡山.ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2017シリーズ第1戦の決勝を、岡山国際サーキット(岡山県)で2017年4月8日(土)に開催いたしました。

天候:曇り 路面:ドライ 気温:19度/路面温度:19度(スタート時)

 直前に行われたSUPER GT公式予選中の数度にわたる赤旗中断のため、PCCJ決勝のスタートは16時30分からの予定が30分遅れの17時に変更された。空は厚い雲で覆われ、スタート前のグリッドでは小雨がぱらついていたため殆どのチームはグリッド上にウェットタイヤを用意するも、全車ドライタイヤのままスタートを迎える。

 ポールポジション(最前列アウト側グリッド)は#89三笠雄一。公式予選で岡山国際サーキットのコースレコードを更新する1分32秒279をマークし、昨年のPCCJスカラシッププログラムドライバーの意地を見せる。2番手には今年の同スカラシッププログラムドライバーである#17 上村優太が続く。そして、3番手にはジェントルマンクラスの#9武井真司が食い込み、以下、今年はオーバーオールでの参戦となる昨シーズンのジェントルマンクラス王者#7星野敏、ジェントルマンクラスの#32永井秀貴、#24Go MAXというオーダー。

 17時フォーメーションラップがスタートすると、各車路面の状況を確認しつつタイヤを温めながらゆっくりとコースを1周。そしてグリッドにマシンが整列し、シグナルがブラックアウトして15周の決勝レースがスタートすると、#89三笠が抜群のスタートを見せてホールショットを奪い、それに#17 上村が続いていく。

「レース前半が勝負だと思っていたので、スタートから全力でプッシュしていきました。」こうレースを振り返る#89三笠は、徐々に2番手の#17 上村との差を広げていく。一時は2秒以上の差が出来るが、レース中盤にピックアップを拾ってしまいペースがダウン。#17 上村が背後に迫ってくる。「あのときは焦りましたが、1周掛けてピックアップを取ってペースを取り戻しました」と#89三笠が語るように、その後は再びマージンを広げて一度もトップを譲ることなく開幕戦を制した。一方、#89三笠の後塵を拝して2位に終わった#17 上村は、「PCCJだけでなく、ツーリングカーのレース自体が初めてだったので色々と勉強になりました」と悔しさを滲ませたが、一方でタイヤの使い方などレースを通じて学んだことも多かったようで次戦以降に期待が高まる。

ポルシェカレラカップ・ジャパン 第1戦スタートシーン
ポルシェカレラカップ・ジャパン 第1戦スタートシーン


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
小越しほみ(おごししほみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)

25日(Fri)