F1ニュース

2017.09.09

マクラーレン、F1新世代エンジンの自社開発を検討へ。独立系サプライヤーの動向も注視


 マクラーレンのエグゼクティブディレクター、ザック・ブラウンが、2021年に導入されるF1パワーユニットの新規則の内容によっては、自社製エンジンを開発する可能性もあると発言した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース