海外他ニュース

2016.03.18

ニッサンとBMW、早ければ16/17年のフォーミュラEに参戦か


ニッサンとBMWは、フォーミュラE参戦へ向け、議論を進めているようだ。

 ニッサンとBMWはフォーミュラEに参戦するべく議論を進めているようだ。

 複数の情報源によると、この2メーカーは新規にフォーミュラEへ参戦するのではなく、既存チームとのタイアップを検討しており、早ければ2016/17年に行われる第3シーズンからの参戦を目指しているという。

 仮にニッサンがフォーミュラEへ参戦することとなれば、同シリーズへ参戦する初めての日本メーカーとなる。しかし、ニッサンのフォーミュラE参戦には、提携するルノーの了承が必要だと英AUTOSPORT.comは報じている。ルノーはすでにe.ダムス・ルノーとして、フォーミュラEに参戦している。

 一方のBMWは、フォーミュラEに創立段階から関わっているほか、同シリーズに電気自動車のi3やハイブリッドスポーツカーのi8をペースカーとして供給するなど、積極的に関与している。同社は以前、レース中にマシンを乗り換える必要がある限りフォーミュラEへ参戦するつもりはないと発言しているが、フォーミュラEは2018/19年の第5シーズンを目処にマシンの乗り換えなしでレースを行うというロードマップを明らかにしている。
 BMWは現在もレース中のマシン乗り換えには否定的な立場であるとみられているため、乗り換えが不要となる第5シーズンへ向け技術開発を進めながら、既存チームとパートナーシップを結ぶという道を選ぶ可能性が高いと報じられている。

 ニッサンの状況はBMWに比べるとシンプルで、最終的な決定は下されていないものの、2016/17年の第3シーズンに他チームとタイアップする形がもっとも現実的な選択肢となりそうだ。

 現在、フォーミュラEに参戦している10チームのうち、自動車メーカーと関わりがないチームは、アメリカを拠点とするアンドレッティ・オートスポーツとドラゴン・レーシング、そしてチーム・アグリの3つ。そのうちアンドレッティとドラゴンは、来シーズンへ向けてメーカーからの支援を模索しつつ、自らパワートレイン開発に取り組んでいる。残るアグリは来季に向け、ルノー製パワーユニットを使用する契約を交わす目前とみられている。

 フォーミュラEのCEOを務めるアレハンドロ・アガグはBMWとニッサンのシリーズ参戦に関してコメントしなかったものの、「多くの自動車メーカーが参戦に前向きな態度を示していることは確かだ」と語った。

「我々は自動車メーカーにとって好ましい方向へロードマップを修正したようだ。しかし、コストをコントールすることがもっとも重要な要素だ」

「極端に楽観的な考え方をするつもりはないが、パワートレインなどを供給するOEM企業に対し、魅力的なものを提示できていると思っている」

「フォーミュラEに参戦している企業は全員満足しているはずだ。我々のパートナーは誰もが契約を延長してくれた。誰もシリーズから去ることはなかったのだからね」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

おすすめの記事

News Ranking

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

28日(Wed)

29日(Thu)

30日(Fri)

WRC 第10戦フランス

1日(Sat)

WRC 第10戦フランス

ALMS WSCC第12戦プチ・ル・マン

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第9戦 イモラ

TCRインターナショナル第10戦セパン

2日(Sun)

F1 第16戦マレーシアGP

WRC 第10戦フランス

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第5戦バルセロナ(スプリント)

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第9戦 イモラ

世界ラリークロス 第10戦ラトビア

3日(Mon)

4日(Tue)