ラリー/WRCニュース

2016.08.15

元WRCドライバー、ヒルボネンがミニ・オール4で自身初のラリーレイド勝利


ラリー/WRC | 元WRCドライバー、ヒルボネンがミニ・オール4で自身初のラリーレイド勝利

 FIAワールドカップ・クロスカントリーラリーの第8戦『ハンガリアン・バハ』にて、X-RAIDのミニ・オール4レーシングからエントリーした元世界ラリー選手権(WRC)ドライバー、ミッコ・ヒルボネンがラリーレイド初優勝。開発プログラムの1セッションと位置付けた同イベントで望外の勝利を得たことによって、ヒルボネンはダカール・ラリーへ確実に照準を合わせてきた。

「スプリントのようには行かない」と語ったヒルボネンだが、ステージ特性が助けとなった
「スプリントのようには行かない」と語ったヒルボネンだが、ステージ特性が助けとなった

 第16回を迎えた同イベントは、8月11~14日の3日間の日程で開催されるカップ戦となっており、スーパーSS(SSS)で幕を開け、その後は2日間に渡ってロングディスタンスのステージを3つこなす構成。ミニ・オール4レーシングのヒルボネンは、コドライバーのミシェル・ペランとともにオープニングのSSSで2番手タイムを記録してスタート。SS2、SS3を終えてリーダーボードのトップに躍り出る快走を見せた。

 最終ステージとなる675kmのSS4を冷静に走りきったヒルボネンは、ステージトップタイムをマークし、見事にラリーレイド初制覇となった。


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング