スーパーGTニュース

2017.04.10

JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 スーパーGT第1戦岡山 決勝レポート


JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 2017スーパーGT第1戦岡山

2017 SUPER GT
INGING MOTORSPORT
第1戦岡山国際サーキット レースレポート

◆4月9日(日) <決勝>天候:晴れ|コース状況:ドライ
#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 8位

 2017年AUTOBACS SUPER GTの初戦が岡山国際サーキットで開催された。事前の天気予報では高確率で雨予報だった今週末だが、決勝日においては日中は雨もなくドライコンディションでのレースが展開された。

 ヤングドライバーコンビで参戦する「JMS P.MU LMcorsa RC F GT3」は決勝レースでも安定したラップを重ね、デビューレースで8位入賞を獲得した。

 事前の天気予報では決勝が行われる9日(日)は高確率で雨となっていたが、天気予報は時間とともに好転していった。

 9時にスタートしたFIA-F4のレースの時には路面が濡れていたためレインタイヤでのレースになったが、その後は路面が乾いていき13時から行われたウォームアップ走行のころにはすっかりとドライコンディションとなった。

松岡エンジニア、中山雄一、坪井翔
松岡エンジニア、中山雄一、坪井翔

 ウォームアップ走行では昨日の好調を維持したまま、まずは中山がJMS P.MU LMcorsa RC F GT3に乗り込む。5周ほどのチェック走行を経て坪井にバトンタッチした。

 坪井はウォームアップ走行ながらも予選タイムに匹敵する1分26秒904で周回し、GT300クラスのトップタイムを記録。決勝レース直前のウォームアップ走行でも、引き続きマシンの速さと調子の良さを表した結果だった。

 迎えた決勝レースは波乱の幕開けとなった。全車がグリッドに着きパレードランがスタートするがGT500のマシンが発進できずストップ。再開したパレードラン中にも他のマシンが止るアクシデントが発生したため、セーフティカーの先導によりレースはスタートが切られることになった。

 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3のスタートドライバーを務めた中山は、予選順位の4番手をキープしたまま序盤戦を戦うことになった。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ/2017S耐
生田ちむ(いくたちむ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

21日(Fri)

22日(Sat)

EWC 世界耐久選手権 第2戦ル・マン24時間

全日本F3 鈴鹿サーキット

23日(Sun)

世界ラリークロス 第2戦ポルトガル

インディカー・シリーズ 第3戦バーバー・モータースポーツパーク

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第3戦アメリカGP

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第1戦モンツァ

スーパーフォーミュラ 第1戦鈴鹿サーキット

24日(Mon)

25日(Tue)

26日(Wed)

27日(Thu)