MotoGP ニュース

投稿日: 2016.06.15 19:43

MotoGP:ルイス・サロムの事故は12コーナーの陥没が原因か


MotoGP | MotoGP:ルイス・サロムの事故は12コーナーの陥没が原因か

 MotoGP第7戦カタルニアGPのMoto2クラスのフリー走行2回目で転倒事故により亡くなったルイス・サロム。所属チームしていたSAGチームは、サロムの事故がカタルニアサーキットの12コーナーにあった陥没をブレーキングしたまま通過し、フロントのコントロールを失ったことに起因すると確信していると明らかにした。

 サロムはカタルニアGPのフリー走行2回目でクラッシュし、その日の午後バルセロナ市内の病院で息を引き取った。

 SAGは事故が起きた際のテレメトリーデータを調査した後、「11コーナーにおける加速の遅れが12コーナーでのブレーキングの遅れを招いた」とする趣旨の声明を発表した。

 通常、陥没を通過する際はどのライダーもブレーキをゆるめるが、サロムは12コーナーへの進入時に陥没の上をブレーキングし続けていたとデータは示しているという。

 サロムは最速ラップを記録した後にピットへ戻ってリヤタイヤを交換。クラッシュしたときはアウトラップだったという。

 チームは以下の声明を発表している。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています