MotoGP ニュース

投稿日: 2016.07.13 18:29
更新日: 2016.07.13 18:30

MotoGP、6メーカー4台ずつ、24台の参戦を望む


MotoGP | MotoGP、6メーカー4台ずつ、24台の参戦を望む

 MotoGPのオーガナイザーであるドルナスポーツは将来、MotoGPクラスに参戦する6つのマニュファクチャラーがそれぞれファクトリーチームとサテライトチームをもち、1チーム2台、合計24台のマシンがグリッドに着くことを目指しているという。

 ドルナのCEO、カルメロ・エスペレータはコース上に24台のマシンがグリッドに並び、6つのマニュファクチャラーから同じ台数のマシンが参戦することが目標だと語った。

「我々はすべてのマニュファクチャラーから4台のマシンが走っている姿が見たいんだ。それが我々の夢なんだ」

 テック3・ヤマハのチームマネージャーであり、IRTAの代表でもあるエルベ・ポンシャラルは、新しい契約により、サテライトチームがファクトリーチームとよりよい契約を結べると確信しているとコメントしている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング