MotoGP ニュース

投稿日: 2016.03.12 11:58
更新日: 2016.03.17 12:01

SBK第2戦タイ レース1 ジョナサン・レイが開幕3連覇


MotoGP | SBK第2戦タイ レース1 ジョナサン・レイが開幕3連覇

 SBK第2戦タイのレース1はジョナサン・レイ(カワサキレーシングチーム)が優勝した。
 気温34度、路面温度43度。ライダーたちはクールスーツを着込んでグリッドについた。
 好スタートを切ってホールショットを奪ったのはジョナサン・レイ(カワサキレーシングチーム)。トム・サイクス(カワサキレーシングチーム)が背後につけて、カワサキワンツー走行を開始。チャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)、マイケル・ファン・デル・マーク(ホンダ・ワールドスーパーバイクチーム)、ダビデ・ジュリアーノ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)と続く。
 2周目にサイクスがトップ浮上。ハイペースで周回を開始。レイと一騎打ちの様相。後方では3番手に浮上したバン・デン・マークとデイビス、ジュリアーノ、ニッキー・ヘイデン(ホンダ・ワールドスーパーバイクチーム)の4台で表彰台争いとなる。

 ファステストラップをたたき出しながら逃げるサイクス。それを追いかけるレイの背後にセカンド集団から抜け出したバン・デン・マークが迫る。
 5周目にはサイクス、レイ、バン・デン・マークが三つどもえのトップ争いに発展。しバン・デン・マークはコースアウト。9番手まで後退してしまう。これでサイクス、レイのカワサキ2台が悠々とワンツー走行。
 後方ではヘイデンがマシントラブルに見舞われてリタイア。

 レース中盤にはバン・デン・マークが3番手まで順位を回復したが、すでにトップ2台とは大差がついていた。後方ではデイビスとジュリアーノのドゥカティ2台はシルバン・ギュントーリ(パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム)と共に4位争いを展開する。バン・デン・マークはこの4位争いを引き離しながら、再び三つどもえのトップ争いをねらってペースを上げる。
 レース終盤。バン・デン・マークは無理がたたってペースを上げられなくない、単独3番手走行に移行。完全にカワサキ2台の一騎打ちに。
 残り5周を切る直前にレイがサイクスを捕らえてトップ浮上。レイはそのままトップをキープ。開幕3連覇を飾った。サイクスは悔しい2位。バン・デン・マークは開幕3戦連続表彰台を獲得。レース後半にはギュントーリが遅れてドゥカティ2台での争いとなった4位争いは、ジュリアーノの転倒であっさりと決着した。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

エンパイヤ自動車
佐久間夏紀(さくまなつき)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング