MotoGP ニュース

投稿日: 2020.07.31 07:45
更新日: 2020.07.30 17:48

Moto3クラスで3戦連続PPの鈴木竜生が掴んだ待望の勝利/MotoGP第3戦レビュー(2)


MotoGP | Moto3クラスで3戦連続PPの鈴木竜生が掴んだ待望の勝利/MotoGP第3戦レビュー(2)

 2020年ロードレース世界選手権MotoGP、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトを舞台とした第2戦スペインGP、第3戦アンダルシアGPの2連戦を終え、Moto3クラスでは、アンダルシアGPで鈴木竜生(SIC58スクアドラ・コルセ)が今シーズン初優勝を達成した。鈴木は開幕戦カタールGPから3戦連続でポールポジションを獲得。決勝でも常にトップ争いに加わっていたが、Moto3らしい大きな集団による接戦のレース展開の中で、あと一歩で勝てないレースが続いていた。

 予選でポールを獲得した鈴木は、「今回はマシンのセッティングを、ブレーキングの安定性を高めて混戦に強い方向に変えました。この方向性でアベレージは上がりましたが、一発のタイムは出にくくなります。Q2では最初のアタックがうまく決まらず、今回はポールポジションは難しいと思いました。そして、(ポールを)取れるとも思っていませんでした」


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング