MotoGP ニュース

投稿日: 2016.04.02 23:03
更新日: 2016.04.02 23:30

SBK第3戦アラゴン レース1:デイビスが今季初優勝


MotoGP | SBK第3戦アラゴン レース1:デイビスが今季初優勝

 SBK第3戦アラゴン(スペイン)のレース1はチャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)が優勝した。

 午前中に行なわれたスーパーポール1ではトム・サイクス(カワサキレーシングチーム)が1分49秒374のレコードタイムをマークしてポールポジションを獲得。2番手にはシルバン・ギュントーリ(パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム)、3番手にアレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム)とファクトリー復帰のヤマハがフロントロウの2席を獲得した。4番手のデイビスまでが1分49秒台。ディフェンディングチャンピオンのジョナサン・レイ(カワサキレーシングチーム)は1分50秒003で5番手に並ぶ。

 午後の決勝レース1。スーパーポール時は気温10度と、観客も厚手のジャケットを着込んでいたが、日差しに恵まれて決勝スタート時は気温15度まで上昇。観客席では半袖姿も見受けられた。

 雲一つない青空のもと、好スタートを切ってレースをリードしたのはサイクス。ギュントーリに次いでレイが3番手に浮上。ダビデ・ジュリアーノ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)、チャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)と続く。サイクスが逃げを打ち、ギュントーリが追いかける。背後でレイ、ジュリアーノ、デイビスの3台が激しい3位争いを開始。これでトップ2台は楽々と集団を引き離す。