クルマ ニュース

投稿日: 2017.04.19 17:12
更新日: 2017.04.19 17:14

有機ELテール採用、最高出力400馬力。史上最速の『アウディTT RS』登場


クルマ | 有機ELテール採用、最高出力400馬力。史上最速の『アウディTT RS』登場

 初代からコンセプトを受け継ぎつつ、時代に合わせたテーマ設定で進化を続けてきたアウディのプレミアムコンパクトスポーツ『TT』シリーズ。そのトップモデルとして君臨する『Audi TT RS Coupé / TT RS Roadster』に2011年以来のフルモデルチェンジが行われ、3月28日より受注が開始されている。

 アウディの高性能ラインの象徴でもある“RS”は、同社のモータースポーツ部門であるアウディスポーツGmbHが開発を手掛けたトップモデル。今回のTTにもそのRSが加わり、先のRS3にも搭載された新開発のオールアルミ製直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボを採用。

固定式リヤスポイラーなど専用エクステリをまとう「アウディTT RSクーペ」
固定式リヤスポイラーなど専用エクステリをまとう「アウディTT RSクーペ」

 従来型に比べて26kgの軽量化を実現し、VGRタービンを採用することで先代モデルに比べて最高出力は60馬力向上の400馬力、最大トルクは30Nm高められ480Nmの強力なアウトプットを誇る。

RS専用ハニカムメッシュのシングルフレームに大型エアダムを配したフロントバンパーを採用
RS専用ハニカムメッシュのシングルフレームに大型エアダムを配したフロントバンパーを採用

 また、7速Sトロニックと組み合わされる自慢のフルタイム4WDシステム“クワトロ”は、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチをプロペラシャフトの後部に配置することで、前後重量配分を最適化。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング