クルマ ニュース

投稿日: 2017.04.19 10:45

アウディ、上海ショーで新型EV『e-tron Sportback concept』発表。19年より生産開始


クルマ | アウディ、上海ショーで新型EV『e-tron Sportback concept』発表。19年より生産開始

2017年4月19日
プレスリリース

eモビリティ専用のアーキテクチャーを採用:Audi e-tron Sportback conceptを上海モーターショーで発表

◆生産開始は2019年から:アウディでは2車種目となる電気自動車

◆エモーショナルでパワフル:アウディならではのクーペデザイン

◆光による新機能:ライトを使って周囲とコミュニケート

 2017年4月18日、インゴルシュタット/上海:アウディは、上海モーターショーにおいて、多様な性格を備えた電気自動車のコンセプトカー、Audi e-tron Sportback conceptを発表します。

 このデザインスタディモデルは、クーペのスタイルをまとい、320kWの電気駆動システムなど高度なテクノロジーを搭載した4ドアのグランツーリスモです。

 この正統派GTモデルは、アウディの伝統的な特徴に、電気駆動テクノロジーと専用に開発されたアーキテクチャーによる、数多くの先進的なディテールを組み合わせています。

Audi e-tron Sportback concept
Audi e-tron Sportback concept

 Audi e-tron Sportback conceptは、eモビリティ実現に向けた重要な節目となるモデルです。AUDI AG取締役会会長のルパート シュタートラーは、次のように述べています。

「日常ユースに対応したアウディの初めての電気自動車となるAudi e-tron*の生産は、2018年から開始される予定です」

「この分野では、非常に激しい競争が繰り広げられています。我々は、500kmを超える航続距離と電気自動車ならではのドライブ体験を提供するこのスポーティなSUVを、2020年代におけるアウディの主力製品にするつもりです」

「Audi e-tronに続き、2019年には、Audi e-tron Sportback conceptの生産バージョンを市場に投入する予定です。このクルマは、ひと目見ただけで電気自動車と認識できるエモーショナルなクーペです」