クルマニュース

2017.07.12

アウディ、新型旗艦セダン『A8』発表。世界初の自動運転“レベル3”を実現


アウディA8 エクステリア

2017年7月11日
プレスリリース

新型Audi A8:ラグジュアリークラスの未来

◆バルセロナで開催されたアウディサミットで、フラッグシップモデルが世界デビュー
◆新しいデザイン言語と、時代を先取りするタッチスクリーン操作コンセプト
◆自動運転機能を装備したモデルは、2018年以降に導入開始

 2017年7月11日、バルセロナ/インゴルシュタット:ラグジュアリークラスにおける新たな未来が始まります。バルセロナで開催のアウディサミットで、新型Audi A8が世界デビューを飾りました。
 
 第4世代に進化したこのフラッグシップモデルは、新しいデザイン言語、革新的なタッチスクリーン操作コンセプト、そして体系的な電動化が進められた駆動システムにより、アウディのスローガン「Vorsprung durch Technik」(技術による先進)を反映した、アウディブランドの新たなベンチマークとなっています。

アウディA8 エクステリア
アウディA8 エクステリア

 
 さらに、新型Audi A8は、市販モデルとして世界で初めての高度な自動運転システムが設定されています。アウディは2018年以降段階的に、パーキングパイロット、ガレージパイロット、トラフィックジャムパイロットといった先進的自動/自律運転機能を新型Audi A8に導入していきます。

スタイリッシュなラグジュアリーサルーンのお手本:エクステリアデザイン

 新型Audi A8は、独自のスタイルを確立したクルマであり、アウディデザインの新しい時代の幕開けを告げるクルマです。
 
 幅広い、直立したシングルフレームグリルが備わったフロントエンド、流麗にして力強いボディは、アウディブランドのコアバリューであるスポーティでエレガント、洗練されかつ先進的なスタンスを象徴しています。新型Audi A8には、スタディモデルのAudi prologueにより予告されたスタイルが、市販モデルとして見事に昇華されています。
 
 このラグジュアリーセダンの力強い存在感は、全長5.17mの標準仕様も、13cmホイールベースが長いAudi A8 Lも変わりありません。

 アウディブランドは今日、スポーツ性のアピール、軽量設計、quattroフルタイム4WDシステムなどにより、高く評価されていますが、新型Audi A8のデザインも、これらの価値を反映したものになっています。
 
 バランスの取れたプロポーションは、4つのホイールに同等の比重を置いており、ホイールアーチの上の力感溢れる抑揚によって、ビジュアル面でもquattroドライブが示唆されています。サイドビューでは、アップライトなフロントエンドと、なだらかに傾斜したリヤエンドを組み合わせて、視覚的緊張感を演出しています。
 
 フロントにアウディレーザーライトを用いたHDマトリクスLEDヘッドライト、リヤにOLEDテクノロジーを用いたテールライトとLEDライトスリップを採用した新型Audi A8は、昼だけでなく夜間でも、独自のアイデンティティを主張します。

アウディA8 エクステリア
アウディA8 エクステリア

 
 また、それらの照明システムにより、ドライバーがクルマに近づいたり離れたりする度に、ダイナミックなライトの動きを応用したユニークなプレゼンテーションが展開されます。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

SKR GAL/2017S耐
宇咲まな(うさきまな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

19日(Thu)

20日(Fri)

21日(Sat)

22日(Sun)

ELMS 第6戦ポルティマオ

MotoGP 第16戦オーストラリアGP

スーパーフォーミュラ 第7戦鈴鹿サーキット

F1 第17戦アメリカGP

23日(Mon)

24日(Tue)

25日(Wed)