クルマ ニュース

投稿日: 2017.10.02 18:48
更新日: 2017.10.02 18:49

史上最強の悪路走破性を備えた『ランドローバー・ディスカバリー SVX』を発表


クルマ | 史上最強の悪路走破性を備えた『ランドローバー・ディスカバリー SVX』を発表

 ジャガー・ランドローバーの高性能モデルを手がけるスペシャル・ビークル・オペレーション(SVO)は、先月開催されたドイツ・フランクフルト・モーターショーの会場で、史上初となるSVOプロデュースのランドローバー、『ディスカバリー SVX』を初披露。2018年からの製造開始をアナウンスした。

 2017年に第5世代へとモデルチェンジを果たした新型『ディスカバリー』は、兄弟ブランドの上位モデルであるレンジローバーなどと同様に、最新のオールアルミボディを採用。

 その最新モデルをベースに、5リッターV8スーパーチャージド・ガソリン(最高出力525PS・最大トルク625Nm)を搭載し、最低地上高、ボディ・リフト、サスペンション・リフトを拡大し、特別に調整したテレイン・レスポンス2や油圧式アクティブ・ロール・コントロールを初採用するなど、そのオールテレイン性能で”史上最強のディスカバリー”と謳うにふさわしい悪路走破性を持つモデルへと仕立てられている。

 ワールドプレミアとなったショーモデルでは、ユニークな形状の保護スキッドプレートが付いたバンパー(フロント/リア)や、6トン超もの許容能力を持つラッシュオレンジ仕上げの外付け金属製リカバリーアイ、非光沢仕上げのボンネット、およびリアに搭載された電動ウインチ・システムを装備。

 外装は専用色である光沢のあるテクトニック・グレイで、内装はルナとライトオイスターを組み合わせてラッシュオレンジのアクセントが入れられた特別デザインとしている。

エンジンは5リッターV8スーパーチャージド・ガソリン(最高出力525PS・最大トルク625Nm)を搭載

エクステリアは専用色である光沢を持つテクトニック・グレイのボディカラーに、ラッシュオレンジのアクセントが入れられる

ジャガー・ランドローバーの高性能モデルを手がけるSVO(スペシャル・ビークル・オペレーション)が手作業で組み立てを行う


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング