クルマ ニュース

投稿日: 2017.10.26 18:58
更新日: 2017.10.26 18:59

FR回帰の旗艦スポーツサルーン、『アルファロメオ・ジュリア』が日本デビュー


クルマ | FR回帰の旗艦スポーツサルーン、『アルファロメオ・ジュリア』が日本デビュー

 長らくセダンのモデルラインアップを持たなかったアルファロメオに、1962年の初代ジュリア、ならびに90年台後半から2000年代に絶大な人気を博した156、159の系譜を継ぐDセグメントのスポーツサルーン『Alfa Romeo Giulia(ジュリア)』が復活。10月14日から発売開始となっている。

 156や159で使用されたGM由来のFFプラットフォームから脱却し、シャシーは新設計のFRアーキテクチャーを採用。アルミやカーボンといった軽量素材を多用することで、理想的な前後重量配分と卓越したパワーウェイトレシオを実現した。

 整流効果を高めるボディ底面のフラッシュサーフェイス化や、ブレーキフィールの向上と軽量化を両立する統合型ブレーキシステム(IBS)、アルミ製ALFA LINKサスペンションを全車に標準装備し、アルファ自身が『La meccanica delle emozioni(感情に訴えかけるマシン)』と謳うにふさわしい、新世代のスポーツサルーンへと生まれ変わった。

「ドライバーの情感をかき立てる新次元のドライビングエクスペリエンス」を目指したとされるだけあり、そのハンドリング性能を実現するためアルファロメオとして5つの分野の特質を再定義。

 革新的なエンジン、50:50の前後重量配分、独創的な技術的ソリューション、卓越したパワーウェイトレシオ、そして洗練されたイタリアンデザインが具現化された1台とされる。

 エンジンはアルミブロックとなる2リッター直列4気筒ターボ(200PS)と、同排気量で280PSを発生する高出力版ユニット、そして510PSという圧倒的なパフォーマンスと気筒休止システムによる高効率化を両立した2.9リッターV6ツインターボエンジンの3種類が用意され、トランスミッションは全車に8速ATが組み合わされる。

156、159の直接的な後継車でありながら、中身はFFからFRへと大転換を果たしたブランニューモデルに
車体には新開発のオールアルミFRアーキテクチャーを採用
トップモデル「クワドリフォリオ」には電動格納式のフロントリップスポイラーも備わる
「クワドリフォリオ」は前後異サイズの19インチにレッドキャリパーを装備。「Giulia Veloce(ヴェローチェ)」のみ4WDとなる


関連のニュース

本日のレースクイーン

Rising Angel
青山あいり(あおやまあいり)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング