クルマ ニュース

投稿日: 2017.11.29 17:10
更新日: 2017.11.29 17:47

『ポルシェ718』に、定番のブラックアクセントと最高出力365PSの“GTS”を追加


クルマ | 『ポルシェ718』に、定番のブラックアクセントと最高出力365PSの“GTS”を追加

 ポルシェの最新エントリースポーツである『718ボクスター&718ケイマン』に、性能向上と視覚的にパフォーマンスを訴える多数のブラックエレメントをまとった“GTS”グレードが登場。11月17日より受注開始となっている。

 ミッドシップレイアウトで登場したポルシェのボトムラインアップ・スポーツカー『ボクスター&ケイマン』は、先のモデルチェンジで伝統の水平対向6気筒から、直噴過給ダウンサイジング・テクノロジーを用いて、それぞれ2リッター、2.5リッターの水平対向4気筒ターボへと進化。それに合わせて、名称自体もこれまでの『ボクスター&ケイマン』から、かつてのミッドシップ・スポーツカー・ヘリテッジに敬意を表した“718”の呼称が復活している。

 その最新『718ボクスター&718ケイマン』の“S”モデルをベースに、新開発されたインテークダクトと2.5リッター4気筒水平対向エンジンのために最適化されたターボチャージャーによって、最高出力を365PSにまで向上させた“GTS”が登場。

 この最高出力の数値は、現行の『718 S』を15PS、自然吸気エンジンを搭載した先代GTSを35PS上回り、430Nm/1900-5000rpmの最大トルクと合わせて、0-100km/h加速タイムは4.1秒、最高速度は290km/hと、優れた加速性能と俊敏性を獲得している。

 この新型『718ボクスターGTS/718ケイマンGTS』には、6速マニュアルトランスミッションとオプションでポルシェ ドッペルクップルング(PDK)が用意され、その他にもスポーツクロノパッケージ、機械式リヤディファレンシャルロックを備えたポルシェ・トルクベクトリング・プラス(PTV Plus)、および車高を10mm低く設定するポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)など、多数のオプションが標準装備される。

 そのエクステリアには、911などの“GTS”仕様でもおなじみとなる多数のブラックエレメントも採用され、フロントには新しいスポーツデザインエプロンを装着。

最高出力は365PSまで高められ、0-100km/h加速4.1秒、最高速度290km/hをマーク
リアのティンテッドテールライト、ブラックのロゴ、ブラックのリアエプロン、および中央に配置された標準装備のスポーツエグゾーストシステムもブラック・テールパイプに


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング