クルマニュース

2017.12.07

『トヨタ・プリウスα』一部改良で”セーフティセンスP”を標準化。特別仕様車も登場


 ミドルサイズのハイブリッドミニバンとして、ステーションワゴン的なユーティリティを特徴とする『トヨタ・プリウスα』が一部改良を受け、衝突回避支援パッケージ『Toyota Safety Sense P(セーフティセンスP)』を全車標準装備化。同時に、黒を基調とした内外装デザインの特別仕様車『S“tune BLACK Ⅱ”』を導入し、12月1日から発売開始となっている。

 1.8リッターの2ZR-FXEをベースに、THS機構を採用したハイブリッド搭載のワゴンモデルとして、5人乗り仕様と、サードシートを備えた7人乗りまでラインアップ。

 すでにファミリーの大黒柱である『プリウス』は第4世代へと移行し、最新のTNGAと呼ばれるプラットフォームを採用しているが、この『トヨタ・プリウスα』も先代モデルをベースとしながら、ステアリング系の支持剛性の高さやフラットな乗り心地で、JC08モード26.2km/リッターの省燃費性能を持ちながら、爽快さをも感じさせる走行性能を誇っている。

 その『トヨタ・プリウスα』に、実安全の追及から生まれたトヨタの先進安全機能、セーフティセンスPを標準搭載。

 自車速度約10km/h以上から作動し、約80km/hまでの間で対歩行者検知も可能な衝突回避支援タイプとなる、ミリ波レーダー+単眼カメラ方式の『プリクラッシュセーフティシステム』を筆頭に、ステアリング制御機能付きの『レーンデパーチャーアラート』、約30km/h以上で自動的に状況を判断して作動を切り替える『オートマチックハイビーム』、そしてブレーキ制御機能付きの前走車追従型『レーダークルーズコントロール』の4つの機能を備え、衝突回避や衝突時の被害軽減をサポートする。

インテリアには大きな変更はなく「Toyota Safety Sense P(セーフティセンスP)」向けのインジケーターが追加される
ほぼすべてのグレードで5人乗り、7人乗り仕様の双方が選択可能となる


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Elcars BENTLEY TTOレースクイーン/2017SGT
奈良歩実(ならあゆみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

10日(Sun)

11日(Mon)

12日(Tue)

13日(Wed)

14日(Thu)

15日(Fri)

16日(Sat)