クルマニュース

2018.10.11

『マツダCX-5』に2.5Lターボエンジンが登場。2.2LディーゼルモデルにはMTを追加設定


2018年10月11日
プレスリリース

『マツダCX-5』を商品改良

『SKYACTIV-G 2.5T』を国内初導入し、上質な内装の特別仕様車を設定

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、際立つデザインと日常の運転において意図通りに走り・曲がり・止まる、人馬一体の走りの楽しさ・気持ち良さを提供するクロスオーバーSUV『マツダCX-5』の商品改良モデルを、全国のマツダ販売店を通じて本日より予約受注を開始し、11月22日より発売します。

 また、『CX-5』の最上級グレードとして、こだわりの素材によりモダンさと温かみを表現した特別仕様車『Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)』も同時に受注開始、発売します。

 CX-5は世界約120か国で販売され、現在ではマツダのグローバル販売台数の4分の1を占める、基幹車種のひとつです。

 2012年の初代モデル発売以来、際立つデザインと「どこまでも走りたくなる楽しさ」を提供する走行性能、そして革新的なSKYACTIV技術が評価され、2012-2013年日本カー・オブ・ザ・イヤーをはじめとする100を超える賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けています。

 今回の商品改良では、豊かなトルクで長距離クルージングを得意とするクリーンディーゼルエンジンに加え、マツダの国内向け車種として初めて2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン『SKYACTIV-G 2.5T』を設定。

国内初導入の2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン『SKYACTIV-G 2.5T』

 低速から中速、さらには高速域まで意のままに加速し、その手応えを感じ、更に走りたくなるような、力強く上質な走りを実現しました。

 安定感ある走りを実現する『G-ベクタリング コントロール(GVC)』はハンドルを切った際の制御に加えハンドルを戻す際の制御を追加した『G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)』へと進化、高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動を安定させ安心感を高めました。

 さらにクリーンディーゼルエンジン『SKYACTIV-D 2.2』搭載車には、新たに6速マニュアルトランスミッションを追加設定しました。このクラス唯一となるMT車の設定を通じて、クルマを思いのままに操る楽しさをSUVのドライバーにも提供します。

 今回、最上級モデルとして設定される特別仕様車『Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)』では、高品質のナッパレザーや本杢パネルといった素材を採用し精緻な造り込みを行うことで、モダンさと温かみを兼ね備えた、洗練された空間を創出しました。これら高品質な素材と匠の技術によって、新たな『所有する歓び』をCX-5で提供します。

『Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)』の内装

 マツダは今後も、日常のさまざまなシーンで『走る歓び』と『優れた環境・安全性能』を感じていただけるよう継続して商品改良を行うことにより、お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■次ページ、マツダCX-5の主な改良点


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

Keihin Blue Navigator/2018SGT
英美里(えみり)

Photo Ranking

フォトランキング