クルマ ニュース

投稿日: 2018.12.18 14:56

『プジョー308』新ラインアップへ。新型ディーゼルエンジン、8速ATなどを追加


クルマ | 『プジョー308』新ラインアップへ。新型ディーゼルエンジン、8速ATなどを追加

2018年12月17日
プレスリリース

世界の先端を行く新1.5リットルクリーンディーゼル搭載
全車8速オートマチック導入、アクティブクルーズコントール標準化
さらにエコで安全性も向上したプジョー308新ラインナップ発表

 プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都目黒区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、12月17日(月)よりプジョー主力モデルのひとつ、308に新型エンジン、8速オートマチック、アクティブクルーズコントロールなどを追加導入した新ラインナップを発表、発売いたします。
 
 308は、国内外においてプジョーの主力モデルのひとつであり、実用性、スタイリング、走り、安全性などを高い次元で両立させたヨーロッパを代表するハッチバックのひとつでもあります。
 
 国内でも2016年11月のデビュー以来、クリーンディーゼル搭載モデルとして高い評価をいただいているBlueHDiに、このたび新開発1.5リットルクリーンディーゼルエンジン(DV5エンジン)と定評の新世代電子制御8速オートマチックEAT8を搭載し、さらに運転支援機能やアクティブクルーズコントロールを特別仕様車に標準装備いたしました。
 
 今回搭載される1.5リットルクリーンディーゼルエンジンは、今後のグループPSAのディーゼル戦略の中心となる新開発エンジンです。
 
 従来の1.6リットル(DV6エンジン)に比べ、ダウンサイジング化したにも係わらず、従来比+10psの最高出力130psを誇り、低回転から高回転域まで全域で従来型エンジンを上回るパワー/トルクを発揮いたします。
 
 さらに燃費はJC08モードにおいて308 Allure BlueHDiで従来型比+15.7%の24.3km/リットル(従来型は21.0km/リットル)など、大幅な向上を実現しています。
 
 また、現状の排ガス規制(EURO6.2)をクリアし、今後のより厳しい規制にも対応できるポテンシャルを有しています。これら性能向上には、シリンダーヘッドの完全新設計や2009年ル・マン24時間を制覇したプジョー908 HDi FAPの設計を反映させた燃焼室形状、フリクション軽減のための各部DLC(ダイヤモンドライクコーティング)処理、2000バールの新インジェクション、新排気浄化システムSCRFなどの採用が寄与しています。

■グレード構成(ディーゼルエンジン)
モデル名/ボディ/パワートレイン/トランスミッション/価格(税込)
・308 Allure BlueHDi/5ドア HB1.5リットル直列4気筒 ターボ/8速オートマチック EAT8/304万9000円
・308 SW Allure BlueHDi/4ドア SW/1.5リットル直列4気筒 ターボ/8速オートマチック EAT8/329万7000円
・308 GT Line BlueHDi/5ドア HB/1.5リットル直列4気筒 ターボ/8速オートマチック EAT8/329万9000円
・308 SW GT Line BlueHDi/4ドア SW/1.5リットル直列4気筒 ターボ/8速オートマチック EAT8/354万7000円

新型1.5リッターディーゼルエンジン
新型1.5リッターディーゼルエンジン
GT Line エクステリア (サイドスカート)
GT Line エクステリア (サイドスカート)


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

GAINERsucre
神崎美羽(かんざきみう)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング