クルマ ニュース

2019.01.29

VW、新型ポロに“TSI R-Line”を新設定。日本初導入の1.5 TSI Evoエンジン採用


クルマ | VW、新型ポロに“TSI R-Line”を新設定。日本初導入の1.5 TSI Evoエンジン採用

2019年1月29日
プレスリリース

フォルクスワーゲン、コンパクトカー『Polo』の新グレード“TSI R-Line”を追加

力強さとデザイン性を兼ね備えた上級モデルを導入

 フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(代表取締役社長:ティルシェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気のコンパクトカー『Polo(ポロ)』に新エンジン“1.5 TSI Evo”を日本初採用した新グレード“TSI R-Line”を本日より追加し、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売します。
 
 ボディカラーは全4色。全国希望小売価格は298万円(税込)です。昨年導入した新型ポロは発売以降、MQBモジュール採用によるクラストップレベルの高い居住性や安全性が高評価を得ています。
 
 今回TSIエンジンをさらにパワーアップさせ、かつスポーティなスタイリングを纏った上級仕様のTSI R-Lineを追加導入し、バランスのとれたエンジンバリエーションを“Poloシリーズ”で実現しました。
 
 ポロTSI R-Line」に搭載されるエンジンは、日本初採用の新エンジンの“1.5TSI Evo”です。フォルクスワーゲンのエンジンシリーズEA211型TSIエンジンをベースに新開発したこのエンジンは、ターボチャージャー付4気筒ガソリン過給エンジンで、気筒休止機能のアクティブシリンダーマネージメント“ACT”と効率的なコモンレール直噴技術を採用し、最高出力110kw/150PS、最大トルク250Nmを生み出します。
 
 トランスミッションは7速DSGを採用し、パワフルな走りをご体感いただけます。エクステリアは、R-Lineパッケージを日本向けPoloに初採用。専用17インチアルミホイールやツインエキゾーストフィニッシャーでドレスアップしたスタイリングに加え、エアロパーツのリップスポイラーやリヤスポイラー、ブラックサイドスカートなどスポーティさを強調しています。
 
 インテリアはPolo TSI Highlineと同様に、有償オプションカラーのリーフブルーメタリックもしくはエナジェティックオレンジメタリックをボディカラーにお選びいただいた場合、ダッシュパッド及びセンターコンソールがボディカラーと同色になります。また、シートファブリックにもボディカラーと同色のラインがデザインされます。

フォルクスワーゲン・ポロTSI R-Lineに搭載される1.5リッターTSI Evoエンジン
フォルクスワーゲン・ポロTSI R-Lineに搭載される1.5リッターTSI Evoエンジン
1.5リッターTSI Evo エンジン性能曲線図
1.5リッターTSI Evo エンジン性能曲線図

 

【ポロTSI R-Line」主要装備表】

<予防安全>
・アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
・スタティックコーナリングライト
・リヤビューカメラ“Rear Assist”
・デイタイムランニングライト
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)*オプション
・ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)*オプション
・駐車支援システム“Park Assist”*オプション
・オプティカルパーキングシステム*オプション
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ)*オプション
・プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)
・プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
・ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)
・ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)
・ブレーキアシスト


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
那津あやこ(なつあやこ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング