クルマ ニュース

2019.07.24

アウディ初のコンパクトSUV『Q3 Sportback』登場。上級モデルにも劣らない技術とデザイン


クルマ | アウディ初のコンパクトSUV『Q3 Sportback』登場。上級モデルにも劣らない技術とデザイン

2019年7月24日
プレスリリース

パワフル&エレガント:Audi Q3 Sportback

・表現力豊かなデザインとダイナミックな卓越したハンドリングを備えたコンパクトSUVクーペ
・すべてのヘッドライトにLEDテクノロジーを採用、上級モデルに準じるネットワーク機能を搭載

 アウディは、クーペのようなシルエットを特徴とするコンパクトSUV、『Audi Q3 Sportback』を製品ラインナップに加えます。SUVならではの力強い存在感と日常ユースにおける優れた利便性に、スポーティでエレガントなスタイルとクーペの俊敏なハンドリングを組み合わせることにより、アウディブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルが誕生しました。

低いルーフライン、力強い印象を与えるボディ:デザイン

 Audi Q3 Sportbackの特徴は、力強さと高い精度を感じさせるデザインです。この2つの要素は、すべてのデザインディテールに反映されています。ブラック仕上げの八角形シングルフレームグリルは、立体的なデザインが採用され、非常にスポーティな印象を与えます。

 これと同じ手法は、台形のエアインレットとフラットなブレードを備えたバンパーにも適用されています。クーペのようなラインを描くパッセンジャーキャビンは、コントラストカラーで塗装されたアタッチメントとともに、SUVならではのキャラクターを際立たせています。

 低いルーフラインはフラットなDピラーへと流れ込み、ルーフエッジスポイラーへと繋がっています。その結果、Audi Q3 Sportbackの全長は、姉妹モデルのQ3よりもずっと長く見えます。さらに、このSUVクーペは、全高がQ3よりも約3cm低く設定され、筋肉質なフォルムをさらに強調しています。

 ホイール上には、quattroドライブ(四輪駆動)の存在を暗示させる力強い造形が施されています。リヤエンドを見ると、光と影が織りなすコントラストが演出されています。エアロパーツに取り囲まれた低いウィンドー、エアインレットを統合したスポーティなバンパーが、Audi Q3 Sportbackの幅広さを強調しています。

 リバースライトの形状も、これに貢献しています。リバースライトは、フラットなヘッドライトと同様に、内側に向かって先端が細くなっています。ヘッドライトに関しては、3つのバージョンを設定されています。最上位のマトリクスLEDテクノロジーを使ったアダプティブハイビームは、運転状況に合わせてインテリジェントに路面を照らします。

Audi Q3 Sportback/左フロント
Audi Q3 Sportback/左フロント

オンロード、オフロードともにスポーティ:サスペンション

 Audi Q3 Sportbackは、さまざまな路面で運転する楽しさを提供します。市街地、長距離ドライブ、そしてオフロードでも、このコンパクトなクロスオーバーモデルは、ダイナミックでオールラウンドな走行性能でドライバーのニーズに応えます。

 このニューモデルは、ステアリング操舵角が増すにつれて、よりダイレクトなギアレシオに変化するプログレッシブステアリングを標準装備しています。必要に応じて、ダンピングコントロール付きサスペンションを装備することとも可能です。

 このサスペンションは、コンフォートモードからダイナミックモードまで、明確に個性の異なる乗り心地を実現しています。ドライバーは、運転状況、道路状況、乗員の好みに応じて、標準装備されたアウディドライブセレクトやダイナミックハンドリングシステムを使用して、オフロードモードを含む6つの走行モードを選択することができます。

 このシステムは、エンジンとトランスミッションの設定に加えて、電子制御ダンパーとステアリングアシストにも影響を及ぼします。ヒルディセントコントロールもオプション設定されています。この機能を使用すると、勾配6パーセント以上の下り坂において、ドライバーが設定した速度を一定に維持して走行することができます。


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング