クルマ ニュース

投稿日: 2019.12.24 07:00
更新日: 2019.12.23 18:07

ニッサン、シーマとフーガを仕様向上。先進安全装備の拡充などでさらに乗りやすく進化


クルマ | ニッサン、シーマとフーガを仕様向上。先進安全装備の拡充などでさらに乗りやすく進化

2019年12月23日
プレスリリース

日産自動車、『シーマ』と『フーガ』の仕様向上を発表
先進安全装備の拡充で全車『サポカーSワイド』の対象に

 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田誠)は、23日、『シーマ』と『フーガ』の仕様を向上し、近く全国一斉に発売すると発表しました。

 シーマは、初代モデルから引き継がれているDNA、圧倒的な走行性能、高い動力性能、安全性、快適性、環境性能などが、長く、多くのお客さまに支持されています。

 またフーガは、高い走行性能、ダイナミックかつエレガントなデザイン、全方位の安全性能が、多くのお客さまから好評を得ています。

 今回の仕様向上では、先進安全装備を拡充したことでシーマ、フーガともに、『サポカーSワイド』の対象*となり、さらに安心してお乗りいただけるモデルになりました。
*一部グレードを除く

ニッサン・シーマハイブリッド/ガーネットブラック
ニッサン・シーマハイブリッド/ガーネットブラック
ニッサン・フーガハイブリッド/ダークメタルグレー
ニッサン・フーガハイブリッド/ダークメタルグレー

仕様向上の詳細は下記の通りです。

 シーマとフーガは、走行中に、前方の車両や障害物、さらに静止した歩行者も検知し、衝突被害の“軽減”や、追突の“回避支援”を行う『インテリジェントエマージェンシーブレーキ』を全車標準装備しました。

 また、進行方向の壁や車両などの障害物(前進時・後退時)を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる障害物への衝突防止を支援する『踏み間違い衝突防止アシスト』、先行車または対向車や周囲の明るさなどに応じ、自動的にハイビーム(上向き)とロービーム(下向き)を切り替える『ハイビームアシスト』、などの先進安全機能も全車標準装備しました。

 さらに、先行車との距離を測定し、運転者がセットした車速を上限として、システムがアクセルとブレーキの操作を行い、車速に応じた車間距離を保ちながら走行する『インテリジェントクルーズコントロール』を全グレードに標準装備しました。

 フーガはさらに、2台前を走る車両を検知し、前方に潜む危険に対して注意を促す『インテリジェントFCW』や、クルマの発進・加速時に生じる過剰な燃費消費を抑制し、エコ運転をサポートする『ECOペダル』を全グレードに標準装備しました。

 なおフーガは、ニッサン・インテリジェント・モビリティを具現化する先進安全技術のさらなる進化に伴い、ブランドバッジを『日産』にいたしました。

■全国希望小売価格(消費税込み)

シーマ:823万1300円~933万1300円
フーガ:446万3800円~709万9400円

ニッサン・シーマハイブリッド インテリア/ブラウン
ニッサン・シーマハイブリッド インテリア/ブラウン
ニッサン・シーマハイブリッド 後席スペース
ニッサン・シーマハイブリッド 後席スペース
ニッサン・フーガハイブリッド インテリア/ベージュ
ニッサン・フーガハイブリッド インテリア/ベージュ

 車両の詳細はニッサン公式ホームページまで。
・シーマ(https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/cima.html
・フーガ(https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/fuga.html


本日のレースクイーン

Moduloスマイル
永原芽衣(ながはらめい)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング