クルマ ニュース

投稿日: 2020.09.30 17:09
更新日: 2020.09.30 17:10

『BMW 5シリーズ』が大規模改良。デザイン変更のほかハンズオフの渋滞運転支援機能が全車標準に


クルマ | 『BMW 5シリーズ』が大規模改良。デザイン変更のほかハンズオフの渋滞運転支援機能が全車標準に

 現行で7代目を数えるBMWの主軸サルーン『5シリーズ』が大規模な改良を受け後期型へと刷新。流麗かつエレガントなデザインを採用するとともに、ステアリングから手を離しての走行が可能なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を全モデル標準装備とし、iPhoneによるドアロック解除や施錠、エンジン始動も可能に。ガソリン、ディーゼル、PHEVのパワートレインを揃え、9月28日より発売されている。

 スポーティサルーンの代名詞的存在である『BMW 5シリーズ』は、このG30型で最先端の運転支援システム(ADAS)を搭載したほか、「OK、BMW」をキーワードとした音声認識技術を採用するコネクティビティに、Apple CarPlayにも対応したインフォテインメントも搭載された。


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング