クルマ ニュース

投稿日: 2020.12.17 11:20
更新日: 2020.12.17 12:00

『レンジローバー・イヴォーク』にも21年モデル登場。ディーゼルMHEV搭載と運転支援を強化


クルマ | 『レンジローバー・イヴォーク』にも21年モデル登場。ディーゼルMHEV搭載と運転支援を強化

 ジャガー・ランドローバーを代表するハイエンドSUVブランド、RANGE ROVER(レンジローバー)の末弟『EVOQUE
(イヴォーク)』に、2021年モデルが導入され、最新の2リッター直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ディーゼルとMHEV機構のパワートレインが追加設定された。最新インフォテインメント・システム“Pivi”や、ドライバー支援システムの標準装備化など大幅な進化を果たし、12月11日より受注開始となっている。

 デザインスタディからそのまま現実世界に飛び出してきたような初代を受け継ぎ、流麗かつスタイリッシュなエクステリアへと生まれ変わった2代目『レンジローバー・イヴォーク』が、エンジンラインアップの刷新を筆頭としたイヤーモデルの投入を受けた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング