レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

クルマ ニュース

投稿日: 2021.12.09 07:48
更新日: 2021.12.08 20:11

マセラティ、2リッター4気筒48V電装系採用のSUV『レヴァンテ・ハイブリッド』を導入

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


クルマ | マセラティ、2リッター4気筒48V電装系採用のSUV『レヴァンテ・ハイブリッド』を導入

 トライデント(三叉槍)をブランドの象徴とするイタリアが誇る名門マセラティは、先の上海モーターショー2021でワールドプレミアされたブランド初のハイブリッドSUVモデル『レヴァンテ・ハイブリッド』の日本導入を発表。『ギブリ』に続く電動化第2弾モデルとして“より速く。より地球に優しく。唯一無二”をスローガンに、12月6日より発売開始となっている。

 誕生の地ボローニャを代表するネプチューン像の噴水や、創業者3兄弟の結束を示す三叉の銛(もり)をモチーフとした“トライデント”に象徴されるハイエンド・スポーツカー・ブランドは、同社初のSUV『レヴァンテ』の導入を皮切りに、ここ近年は新世代ラインアップへの移行を進めてきた。


関連のニュース