クルマ ニュース

投稿日: 2017.03.07 16:54

レクサス、ジュネーブショーでフラッグシップセダン『LS500h』をワールドプレミア


クルマ | レクサス、ジュネーブショーでフラッグシップセダン『LS500h』をワールドプレミア

2017年03月07日

LEXUS、ジュネーブモーターショーでLS500hをワールドプレミア
-次世代パワートレーン“マルチステージハイブリッドシステム”を採用-

・V型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドシステムを採用
・日本の匠の技を見どころとした、繊細で個性的なインテリア
・新開発GA-Lプラットフォームにより実現した流麗なクーペシルエット
・最先端の予防安全パッケージによる安全運転支援

 LEXUSは、スイス・ジュネーブで3月7日~19日に開催される2017年ジュネーブモーターショー※1において、フラッグシップセダン『LS500h』を世界初披露した。

レクサスのフラッグシップセダン『LS500h』
レクサスのフラッグシップセダン『LS500h』

 LS500hは、2017年北米国際自動車ショー※2(デトロイトモーターショー)で発表したLS500のハイブリッドモデル。LS500と同様に、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリングや数々の先進技術により、LEXUSの象徴として大きな変革を果たした。2017年のデトロイトモーターショーでは、LS500が「アイズ・オン・デザイン・アワード※3」のベスト・インテリア賞を受賞している。

 LS500同様、新開発GA-Lプラットフォームが、これまでの4ドアセダンとは一線を画すデザインやLEXUS独自の「すっきりと奥深い」走りを実現。さらに、V型6気筒3.5Lエンジンと走行用モーターに自動変速機構を組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムを採用。

レクサスのフラッグシップセダン『LS500h』
レクサスのフラッグシップセダン『LS500h』

 ドライバーの操作や車両のGから走行状態を判断し、変速を制御することによって、ハイブリッドが持つモーター駆動による応答性の良さを最大限に活用し、ダイナミックなドライビングテイストを実現した。

 また、ジュネーブモーターショーでは、1月に東京オートサロンで世界初公開したRC F GT3なども出展する。


本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング