国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.05.26 17:26
更新日: 2017.05.26 17:27

VSR Lamborghini SC Junior Team FIA-F4第5戦/第6戦 オートポリスレースレポート


国内レース他 | VSR Lamborghini SC Junior Team FIA-F4第5戦/第6戦 オートポリスレースレポート

2017年5月18日

FIA-F4第5&6戦(オートポリス)レビュー

テクニカルコースに苦戦するも上位進出への道が見え始める

■大会概要

開催地:熊本県・オートポリス・インターナショナル・レーシングコース(1周:4.674km)
開催日:2017年5月20日(土)~5月21日(日)

■大会結果

・19号車:アカシュ・ゴウダ
5月20日(天気:晴れ/路面:ドライ)第1戦予選:20番グリッド
5月20日(天気:晴れ/路面:ドライ)第2戦予選:19番グリッド
5月20日(天気:晴れ/路面:ドライ)第1戦決勝(規定周回数:13周、最大30分間):リタイア
5月21日(天気:晴れ/路面:ドライ)第2戦決勝(規定周回数:13周、最大30分間):16位

・63号車:金澤力也
5月20日(天気:晴れ/路面:ドライ)第1戦予選:19番グリッド
5月20日(天気:晴れ/路面:ドライ)第2戦予選:18番グリッド
5月20日(天気:晴れ/路面:ドライ)第1戦決勝(規定周回数:13周、最大30分間):15位
5月21日(天気:曇り/路面:ドライ)第2戦決勝(規定周回数:13周、最大30分間):17位

■大会レビュー

 2017シーズンのFIA-F4シリーズ第5&6戦は5月20~21日、熊本県のオートポリス・インターナショナル・レーシングコースで31台の参加により開催され、VSRランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・フォーミュラ・ジュニア・チーム(VSR Lamborghini Squadra Corse Formula Junior Team)は、開幕からの2ラウンド同様、63号車金澤力也(かなざわりきや/20歳)とインド人ドライバー、19号車AkashGowda(アカシュゴウダ/18歳)を起用する2台体制で挑みました。

 5月18日(木)から始まった公式テストセッションは、初夏と言える晴天のもとで始まりました。オールドタイヤでのベースセッティングの確認、両ドライバーともにオートポリスでの初レースのため、事前のシミュレーショントレーニングと実際のコースでのドライビングとの整合を進めました。

 19日(金)は45分間のセッション2回において予選シミュレーションを行ないました。今回のレースウィークから指定タイヤが変更されましたが、新品タイヤのグリップの初期低下率が大きく、おいしい部分が非常に短いことが判明。

 前方がクリアなコースポジションでアタックラップを走り、タイヤパフォーマンスが低下する前の4周以内にベストラップとセカンドベストラップをマークしなければなりません。

 両ドライバーともにニュータイヤの感覚をしっかりと把握することはできましたが、タイム的には満足できるレベルではなく、セッティングのみならず、ドライビング面もさらに調整して予選に備えました。

 そして迎えた20日(土)の予選。午前中にSGTマシンの公式練習が行なわれたため、路面のラバーグリップが変化していることを考慮したセッティングでアタックに挑みました。金澤はアタックラップ中に遅いマシンに引っ掛かってしまい19番手(セカンドベストは18番手)どまり。

 ゴウダもアタックラップに入ったところで、コースインしてきたマシンに引っ掛かり、20番手(セカンドベストは19番手)となり、本来のポテンシャルを発揮し切れないグリッドポジションとなりました。


関連のニュース

本日のレースクイーン

ARTA GALS
はらことは(はらことは)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング