国内レース他 ニュース

投稿日: 2016.05.29 23:00
更新日: 2016.05.30 00:08

全日本F3第6戦岡山:ルーキーが表彰台独占。マーデンボローが全日本F3初優勝


国内レース他 | 全日本F3第6戦岡山:ルーキーが表彰台独占。マーデンボローが全日本F3初優勝

 全日本F3選手権第6戦は29日、岡山国際サーキットで決勝レースが行われ、ヤン・マーデンボロー(B-MAX NDDP F3)が優勝した。

 前日の予選、第5戦とは異なり、レインコンディションでスタートを迎えた第6戦。フォーメーションラップでは9番手スタートの三浦愛(EXEDY B-Max F312)がエンジンストールか、動き出しが遅れるアクシデントがあったものの、その後スタートを切り、隊列に合流した。

全日本F3選手権第6戦岡山 決勝レース
全日本F3選手権第6戦岡山 決勝レース

 迎えたスタートではポールシッターのマーデンボローの動き出しが鈍く、後続の千代勝正(B-MAX NDDP F3)、牧野任祐(TODA FIGHTEX)らが襲いかかる。

 なかでも、千代はアトウッドコーナーでマーデンボローの背後につけると、バックストレートエンドで並びかけていく。そのままヘアピンへの進入でオーバテイクを仕掛けるかと思われたが、直後のブレーキングで止まりきることができずにコースアウト。グラベル奥の芝生まで飛び出してしまい、大きく順位を落としてしまった。

 後続からのプレッシャーが弱まったマーデンボローは、オープニングラップで2番手の牧野に対し2.1秒以上のギャップを築いて独走態勢へ入っていく。

 その後方では思うようにタイムを上げられない4番手の山下健太(ZENT TOM’S F312)に対し、5番手の石川京侍(TODA FIGHTEX)が襲いかかると、ダブルヘアピンひとつめの飛び込みでオーバーテイク。5番手にポジションを落とした山下は、その後もペースを上げることができず、徐々に後退してしまった。


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング