国内レース他 ニュース

投稿日: 2016.08.01 22:41

ロータスカップ・ジャパン2016 第3戦ツインリンクもてぎレポート


国内レース他 | ロータスカップ・ジャパン2016 第3戦ツインリンクもてぎレポート

2016/8/1
エルシーアイ株式会社
Press-Information
REF-LPR 14/’16

ロータスカップ・ジャパン2016 第3戦レポート

■予選
「LOTUS Cup Japan」、2016年シーズン第3戦が7⽉31⽇(⽇)、栃⽊県・ツインリンクもてぎで開催された。実質的な開幕戦となった第2戦富⼠から約1カ⽉、シーズン初のもてぎ開催となる第3戦にはクラス1がが7台、クラス2が2台、クラス3が2台と、合計11台のエントリーを集めた。

梅⾬明けとなった関東地⽅。朝のうちは⻘空が広がっていたが、予選開始時間になると⾵とともに雲がでてくる。それでも気温は29℃を超えており、タイヤやクルーに厳しいコンディションとなることが予想された。15分間で⾏われる予選は10時45分にスタート。いちはやくコースに⾶び出した草野誠⼆が、2’11.170の好タイムをマークする。賞典外で参戦する加藤寛規が、最終コーナーで下のクラスのマシンに引っかかりながらも、すかさず2’11.044を叩き出す。すると草野が2’10.946と、11秒を切るベストタイムを刻み、再びトップへ。現在選⼿権リーダーの⻑⾕川憲幸は、2’11.925で3位につける。

「アタックは1ラップの予定だった」と語った加藤はもう1周トライし、2’10.595と草野のタイムを更新。リザルトボードのトップに⽴つと、アタックを終了して早々にピットへと戻る。草野、⻑⾕川はその後もアタックを試みるが、加藤を上回ることができずに予選は終了。加藤がポールポジション、草野が2番グリッドを獲得した。⻑⾕川は2’11.908と、僅かに⾃⾝のタイムを削ったものの3位。4位に荒⽥良浩、5位に⼤澤明仁が⼊っている。

クラス2は、川端聖史を僅か0.667秒凌いだ飯⽥敏雄が⾸位。クラス3は「なるべく早い段階でタイムを記録したかった」と語る秋葉有⼀が、⼤屋彰利を⼤きく上回り予選トップの座を⼿にしている。


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング