スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.06.09 00:05
更新日: 2016.06.09 00:43

パッと見キバ!? シンティアム・アップル・ロータスが16年仕様エアロ投入


スーパーGT | パッと見キバ!? シンティアム・アップル・ロータスが16年仕様エアロ投入

6月7〜8日に鈴鹿サーキットで行われたスーパーGTタイヤメーカーテストでは、10台のGT300マシンが参加しテストを行ったが、GT300マザーシャシーのシンティアム・アップル・ロータスが、2016年仕様のエアロを投入した。

ムーンクラフトがメンテナンスするシンティアム・アップル・ロータスは、FR用のマザーシャシーをミッドシップ化。2015年はポールポジションを獲得するなど速さをみせてきたマシンだ。今季は開幕戦岡山は昨年同様のエアロで、第2戦富士はロードラッグ仕様で登場してきたが、今回の鈴鹿テストでは、フロント、サイドのエアロが変化していた。

フロントはグリル部分の形状が変化しているほか、フェンダーの形状も変更。また、カナードが装着されている。サイドシルは複雑な曲面だったのが、シンプルな形状に改められた。

この変化について、ムーンクラフト由良拓也代表に聞くと、「16年仕様なんです。これはハイダウンフォース仕様で、去年のものよりもダウンフォースが増えています」とのこと。なお、ロードラッグ仕様は昨年同様なので、第5戦は第2戦と同じエアロでの参戦になるとか。

フロントフェンダー後端にはシャークティース状のギザギザが見て取れる。
フロントフェンダー後端にはシャークティース状のギザギザが見て取れる。

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング