国内レース他 ニュース

2018.07.21

Audi Team DreamDrive 2018スーパー耐久第4戦オートポリス レースレポート


国内レース他 | Audi Team DreamDrive 2018スーパー耐久第4戦オートポリス レースレポート

ピレリ・スーパー耐久2018 第4戦オートポリス

開催日時:2018年7月13日~7月15日
開催地:大分県オートポリス

Wether/Condition:【予選】晴れ/ドライ【決勝】晴れ/ドライ
ドライバー:A 竹田直人/B 白坂卓也/C 田ヶ原章蔵

 例年より早い梅雨が明け、折り返しとなる第4戦オートポリス。シリーズランキング2位をキープしているAudi Team DreamDriveにとって重要なラウンドとなる。

■7月13日 オフィシャルプラクティス

 真夏の日差しと晴天でコース内の気温も上昇。午前の走行でクラス2番手Audi勢ではトップタイムを白坂選手がマーク。午後からはさまざまなメニューとセットをこなし、翌日の予選に備える。

■7月14日 予選

 予選当日も猛暑。路面温度も高温となりシビアなセットで挑んだ予選。
Aドライバー予選:コンマ5秒以内に5台が競り合う大激戦。ベストに近いタイムをマークした竹田選手だったが、予選6番手で終了。

Bドライバー予選:合算タイムで上位を狙う白坂選手はAudi勢ではトップタイムをマークするが惜しくもBドライバー予選のクラスは4番手。ABドライバー合算タイムではクラス5番手となった。

Cドライバー予選:決勝セットの確認とバランスをシミュレーションしながらの走行。安定した走りで予選を終えた。

■7月15日 決勝

 今回のレースウィークでもっとも暑くなったオートポリス。最終調整のセットで午前行われたウォームアップ走行で確認するプリズマ☆イリヤ RS3 LMSは非常に良い仕上がりだった。
 
 ライバルチームのグリッド位置やレース予測しながらスタートドライバーはAドライバーの竹田選手が担当。上位のライバルチームに食らいつき、2スティント以降に追い上げる作戦をとったAudi Team DreamDrive。

序盤、作戦通りの走行を行う竹田選手。苦しくなる周回でも上位に食らいつき大きなミスもなく予定以上の周回を重ね白坂選手へとバトンを繋いだ。各チーム1度目のピットインが行われ番手も前後していくなか、徐々に上位との差を詰めていきクラス3番手に浮上。白坂選手も予定通りのラップ周回を重ね田ヶ原選手へとつなぐ。

 ピット作業も安定したスピードで完璧にこなしミスもなくレースが進んだ。ピットストップが3回義務付けられておりここまで2回こなしているAudi Team DreamDrive。残り1回をどのタイミングでこなし追い上げるかで左右する展開だ。
 
 ポジションを2番手にアップさせ、前を走る#98シビックを追い上げる。100LAPを周回する頃#98シビックをかわしクラストップとなったプリズマ☆イリヤ RS3 LMS。予測通りの展開でレースを進め田ヶ原選手からラストスティントの白坂選手へと3度目のピットインを行いコースイン。クラストップを走るプリズマ☆イリヤ RS3 LMSと30秒近くギャップがあった2番手#98シビックとの差は残り30分頃には20秒弱とじわじわと差を詰められるも、ラスト15LAPほど。ラップタイムを考慮しながらマシンをコントロールする白坂選手。
 
 初のクラス優勝があと一歩で見えた残り22分頃、走行中フロントサスペンションが折れブレーキングができない状態でタイヤウォールに衝突。どうにか自走でピットまで戻り応急処置をしコース復帰させるも、タイヤにパワーが伝わらなくなり上り坂付近でマシンがストップし無念のリタイアとなった。

プリズマ☆イリヤ RS3 LMS


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

apr Lightning Stars
佐々木萌香(ささきもえか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング