国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.08.09 10:27

Le Beausset Motorsports FIA-F4第7・8戦富士 レースレポート


国内レース他 | Le Beausset Motorsports FIA-F4第7・8戦富士 レースレポート

川合が5位、7位で、開幕からの入賞記録を更新!
ルーキー小倉も第8戦で入賞を果たす

FIA-F4選手権 第7戦・第8戦
8月4日(土)~5日(日)
富士スピードウエイ
4.563km

 ル・ボーセモータースポーツがスーパーFJ、スーパー耐久と併せ挑む、FIA-F4選手権シリーズの第4大会が、8月4日(土)、5日(日)に富士スピードウェイ(静岡県)で開催された。

 5月に同じく富士スピードウェイで行われた第2大会で、川合は表彰台まであと一歩の4位を獲得し、小倉も連続入賞を果たしている。シーズン折り返しとなる今大会で、後半戦へ向け弾みをつけるためにも、上位入賞が期待された。

予選 8月4日(土)

天候/曇り
コース状況/ドライ

 8月ということもあり、真夏の天候のなかで走行が開始された今回のレースウイークは、5月の第2大会と比べ、気温も路面温度も全く異なることから、セッション毎にセッティングを変更しながら、調整を加えていった。ドライバーも走行中のタイヤの変化を確認しながら、各々走り方を詰めていき、ふたりともトップ10につけるなど、上位争いが期待される内容となった。

 迎えた予選では、まず、川合が6周目で1分45秒864に入れると、小倉も7周目に1分45秒949を記録。その後、ふたりは45秒台から46秒台前半のタイムを記録しながら4~5周ほどアタックを続けたが、この予選で装着したタイヤを決勝でも使用するため、予選時間を5分ほど残した段階でピットイン。

 その結果、川合は第7戦、第8戦ともに上位を狙える6番手を獲得。小倉もシングルグリッドを獲得していたが、走路外走行(四輪脱輪)のペナルティを受けることとなり、当該タイム抹消と、第7戦の3グリッド降格が言い渡され、第7戦を17番手から、第8戦を13番手からスタートすることとなった。

決勝 8月4日(土)

天候/曇り
コース状況/ドライ

 第7戦決勝は、予定より10分遅れの13時20分からコースイン。気温36度、路面温度44度という暑さのなか、15周で争われる。

 スタートが切られると、川合が7番手、小倉は2ポジションアップの15番手でオープニングラップを終え、それぞれ絶えずバトルを繰り広げていく展開。

 川合は、3周目の100Rで前車のインに飛び込み1台を、5周目にはスリップストリームから抜け出し、1コーナーでもう1台をかわして5番手に浮上する。そのまま後続を抑える展開が後半まで続くが、14周目にスリップストリームを使われて6番手に後退するも、最終ラップのダンロップコーナーでラインを乱した車両を巧みにかわし、5位でフィニッシュを果たした。

 小倉は3周目に14番手に浮上し、やがて7番手を争う集団の真後ろにつけると、9周目に100Rでインから1台をかわし、続く前車のミスを見逃さずもう1台を攻略して12番手に。なおもバトルを繰り返すなか、最終ラップに軽い接触があったものの、前を行く車両にピタリと続き、最後のストレートでスリップストリームから抜け出して11位でチェッカーを受けた。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

ACRE&SPIRIT
水瀬琴音(みなせことね)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング