レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

国内レース他 ニュース

投稿日: 2022.05.28 14:35
更新日: 2022.05.29 01:29

ポルシェカレラカップジャパン2022 第5/6戦鈴鹿 予選レポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


国内レース他 | ポルシェカレラカップジャパン2022 第5/6戦鈴鹿 予選レポート

ポルシェカレラカップジャパン2022 第5/6戦(鈴鹿)予選レポート

 ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェカレラカップジャパン2022シリーズ第5-6戦の予選を、鈴鹿サーキット(三重県)で 2022年5月28日(土)に開催しました。

天候:晴れ 路面:ドライ 気温:27度 路面:36度(セッション開始時)

 最新型911 GT3カップであるタイプ992が導入された2022年のPCCJは、今シーズン初の鈴鹿ラウンドを迎えた。今年は6大会11戦で競われているため、今回の鈴鹿大会はシーズンの折り返しレースとなる。予選前日の27日(金)に実施された専有走行は、プロクラスの#1 近藤翼が2分03秒733をマークして総合トップとなった。そしてプロアマクラスは#98 IKARIが2分06秒731を記録してトップに、アマクラスは4連勝中の#10 MOTOKI TAKAMIがプロアマクラスを上回る2分06秒067を記録してトップに立った

 予選が行われた28日は朝から気温が上がっていき、11時55分からの予選開始時には27度となっていた。30分間の予選が開始されると12台のカップカーは一斉にコースインし、路面状況を確認しながら周回を重ねていく。そして3周目にほぼ全車が1回目のタイムアタックを行い、各クラスでコースレコードが更新されていく。

 プロクラスの3台は、トップの#1 近藤が2分02秒665、2番手の#7 山田遼が2分03秒386、3番手の#60 小河諒が2分03秒443を記録し、従来のコースレコード2分03秒796を上回る。その後、ピットインし2回目のタイムアタックへ向けてマシン調整とタイヤ交換し、再びタイムアタックに各車は向かう。ここで、#7 山田が2分02秒537を記録しトップに立ち、#60 小河は2分02秒979をマーク。

 ピットで状況を見ていた#1 近藤もラストアタックに入り、コースレコードを大幅に更新する2分02秒317を記録してポールポジションを獲得。予選後、#1 近藤は「鈴鹿でもニューカップカーは速くて2秒台を記録することができました。決勝は他の2台といいバトルを展開したいですね」と語る。

 2番手の#7 山田は「急遽の参戦でしたが2番手を獲得できて良かったです。岡山では2レースともスタートに失敗したので、今回は気合いを入れていきたいと思います」、3番手の#60 小河は「持てる力は出し切れた予選だったので、決勝は前の2台に食らいついていきたいです」と、決勝への意気込みを語る。

 プロアマクラスのポールポジションを獲得したのは2分05秒322のクラスコースレコードを記録した#9 武井真司。「2回目のタイムアタックに向けてマシンをアジャストしたのがうまくいきました。決勝はポジションをキープできるように頑張ります」と、予選を振り返る。

 また、アマクラスのポールポジションは5戦連続で#10 MOTOKI TAKAMIが獲得。2分05秒489のクラスコースレコードも記録したが、「今日はミスの多い予選になってしまいました」と悔しがる。2番手の#63 長嶋重登もアマクラスのコースレコードを更新し「鈴鹿は好きなコースなので、決勝はプッシュして行きたいと思います」と意気込みを語る。

 予選中のセカンドベストタイムで決定した第6戦の予選結果は第5戦と同じく、プロクラスが#1 近藤、プロアマクラスが#9 武井真司、アマクラスが#10 MOTOKI TAKAMIが、各クラスのポールポジションを獲得した。

 第5戦の決勝レースは28日(土)16時40分スタート(10周もしくは30分間)、第6戦は29日(日)11時35分スタート(10周もしくは30分間)を予定する。なお、第5/6戦の決勝レースはポルシェジャパンのtwitterアカウント(@PorscheJP)で、各日ともにライブストリーミング配信される予定だ。

#1 近藤翼
#1 近藤翼


関連のニュース

本日のレースクイーン

富士スピードウェイイメージガールクレインズ
秋澤うらら(あきざわうらら)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング