F1 ニュース

投稿日: 2024.01.20 07:00
更新日: 2024.01.19 17:31

マクラーレンF1のブラウン、レッドブルとアルファタウリの提携強化に懸念「不当な優位性を与える可能性がある」


F1 | マクラーレンF1のブラウン、レッドブルとアルファタウリの提携強化に懸念「不当な優位性を与える可能性がある」

 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、レッドブルがアルファタウリを所有することについて懸念を抱いている理由と、アルファタウリが主要な空力およびマーケティング業務をイタリアからイギリスに移転させることの意味合いについて説明した。

 ブラウンは、レッドブル創設者の億万長者ディートリッヒ・マテシッツがジャガーとミナルディを買収した20年前と比較して、2チームを所有することが今もF1で必要とされているか疑問が投げかけられていると述べた。前者はレッドブルと改名され、後者はトロロッソと名付けられてジュニアドライバー育成チームとなった。その後、トロロッソはアルファタウリと改名されたが、2024年には別の新しい名前でレースをする予定だ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース