F1 ニュース

投稿日: 2016.04.20 15:50
更新日: 2016.04.20 18:26

分析:ターボに弱点を抱えるフェラーリ、パワーを犠牲にして制御する苦肉の策を採用か


F1 | 分析:ターボに弱点を抱えるフェラーリ、パワーを犠牲にして制御する苦肉の策を採用か

 不思議なことにF1中国GPの時点で、フェラーリSF16-Hの外観は、いまだにあまり変化がなく、ほぼテストを終えたときのスペックのままだ。これは彼らが、ひとまずパワーユニットの改良に全力を傾けていることの証明かもしれない。 

 アップデートされた2016年仕様のパワーユニットは、また一歩メルセデスに近づいてはいるものの、ターボに弱点を抱えているようだ。ターボのトラブルはテスト中に一度、そしてオーストラリアGPでもキミ・ライコネンのマシンに発生しており、どうやらフルスピードで回し続けるとターボに過大な負荷がかかってトラブルを起こしやすいようだ。このためフェラーリは、トップスピード付近でのターボの負荷を減らす方向でパワーユニットをデチューンしている。 

 具体的には、ストレートエンドまでターボを高回転で回し続けることなく、MGU-Hを使ってターボの回転数を抑え、負荷を減らしながらES(エナジーストア=バッテリー)の充電もしているらしい。こうした制御によって、ストレートエンドでのパワーが若干犠牲になるのと引き換えにターボを守り、またERS(エナジー・リカバリー・システム)が他の場所で使えるエネルギーも稼ぐことができる。

 予選の1周だけなら、このような制御は必要ない。だが、レースで繰り返し負荷がかかるとターボの信頼性に不安が生じるため、フェラーリはピークパワーを意図的に抑えた状態で戦わざるをえないのだ。

 ちなみに、バーレーンGPのフォーメーションラップでセバスチャン・ベッテルのマシンに起きたエンジントラブルは、ターボに起因するものではなく排気バルブの破損だった。この問題の再発を防ぐために、フェラーリは電子制御とフォーメーションラップでの手順を変更している。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング