F1 ニュース

投稿日: 2016.04.23 16:01
更新日: 2016.04.23 16:36

ホンダ甘口/辛口ダブル評価 中国GP編


F1 | ホンダ甘口/辛口ダブル評価 中国GP編

 マクラーレン・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のマクラーレン・ホンダのコース内外の活躍を批評します。今回はF1第3戦中国GPを、ふたつの視点でジャッジ。

————————–

 昨年は一度も進出できなかったQ3へ、あと一歩で届きそうだった中国GPのマクラーレン・ホンダ。防戦一方だった昨年から、初めて『攻める』マクラーレン・ホンダを見たような気がする。

 Q1でジェンソン・バトンが3番手のタイムをマーク。これはQ2進出を確実にするために、2セット目のスーパーソフトを履いて記録したものだが、同時にQ2の2回目のアタックを見据えた準備でもあった。ちなみにチームメートのフェルナンド・アロンソがQ1を15番手に終わっていたのは、新品タイヤを履いた2度目のアタックに入る前に、Q1通過が確実となったことをピットから知らされて、アタックを途中でやめていたから。もし、最後までアタックをしていたら、バトンと同じか、それを上回るタイムを刻んでいたことだろう。

 Q2の1回目をユーズドタイヤでアタックしたのは、スーパーソフトの残りの本数の問題だった。今回、マクラーレンは上海にスーパーソフトを7セット、オーダーしていた。金曜日のフリー走行2回目で1セット、土曜日のフリー走行3回目で1セットのスーパーソフトを下ろしていたマクラーレンは、さらにQ1で2セットの新品スーパーソフトを使用。すでに4セットを使用していた。レース用に1セット残しておくと、残りは2セット。それをQ2とQ3で使用つもりだった。


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング