F1 ニュース

投稿日: 2016.02.16 17:08
更新日: 2016.03.22 18:23

メルセデス、迫力を増した新車W07の排気音を公開


F1 | メルセデス、迫力を増した新車W07の排気音を公開

 メルセデスが、新車W07の排気音を聞ける動画を公開した。今季のF1ではエキゾーストレイアウトの規定変更により、サウンドの迫力が増すことが期待されている。

 2014年に導入された1.6リッター、V6ターボ・ハイブリッドのパワーユニットは、以前のV8と比べて排気音が静かすぎるという強い不満があがっていた。これを受けて、FIAは今年からレギュレーションを変更し、タービンとウェイストゲートにそれぞれ独立した排気管を設けることを要求している。ウェイストゲートの排気管を1本とするか2本とするかは、チームの選択に任される。
 テクニカルレギュレーション5.8.2項は、次のように定めている。「エンジンの排気システムは1つのタービンテールパイプ排気口と、1~2本のウェイストゲートテールパイプ排気口を持たなければならず、これらは全て後方に向けられ、かつ全ての排気ガスがこれらを通らなければならない」

「タービンから出る排気ガスは、その全てがタービンテールパイプのみを通らなければならず、ウェイストゲートからの排気ガスは、その全てがウェイストゲートテールパイプのみを通らなければならない。これらのテールパイプのいずれかを、他のテールパイプの内部に収めることは許可されない」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング