F1 ニュース

投稿日: 2016.04.27 13:36
更新日: 2016.04.27 13:39

「F1は、もっとインターネットを活用するべき」とフェラーリ会長


F1 | 「F1は、もっとインターネットを活用するべき」とフェラーリ会長

 フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは、デジタル化が進む現代において、F1はソーシャルメディアなどを視聴者の増加に十分活用できていないと批判している。

 今月初旬、NFL(アメリカ・ナショナルフットボールリーグ)とツイッター社は2016年から10試合のライブ配信契約を数百万ドル(数億円)で締結。この発表から、ひと月も経たないうちにマルキオンネは上記の考えを示した。F1最高権威者のバーニー・エクレストンは急成長するデジタル市場の掌握に手を焼いており、1年半前には以下のような発言をしていた。

「ツイッターやフェイスブックといった、ナンセンスなものには興味がない。やってみようとはしたが、どうやっても私は古風すぎる人間なんだ。そこに何の価値も見だすことができなかった」

 しかし先週火曜日(19日)に開催されたアドバタイジングウィーク・ヨーロッパで、エクレストンはこの認識が変わったことを認めている。

「理解できていなかった。人々は『若者はみんな使っている』と口々に言っていた。私は『でも若者はF1のスポンサーの商品を買ったりはしないだろう。それなら何の助けにもならない』と答えた。それが私の考えだったが、勉強して、その重要性に気がついた。あの時は助言された内容が、どうF1のためになるか、わかっていなかったのだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング