F1 ニュース

投稿日: 2016.04.26 22:11
更新日: 2016.04.26 22:19

レッドブル、メルセデス「ノコギリ状リヤウイング」への追随がフロービズの流れで判明


F1 | レッドブル、メルセデス「ノコギリ状リヤウイング」への追随がフロービズの流れで判明

 レッドブルは中国GPのフリー走行でセンサー類とフロービズ・ペイントの両方を使って、一連の空力テストを行っていた。

 フロントウイングのフラップと、その後方のフロービズの流れを観察したところ、2枚のリヤウイングフラップの間のスロットにメルセデス風のセレーション(ノコギリ状のギザギザ)があることがわかった。

 ギザギザ部分の位置もメルセデスと、ほぼ同じでウイング下面翼端部付近20センチほどの範囲に設けられている。このセレーションは層流を意図的に撹乱して乱流を作るもので、翼断面の角度が深い部分で気流の剥離が起きにくくなる効果がある。

 中国GPでは、はっきりと確認できる写真は撮影できなかったが、フロービズから秘密が見えてしまった。


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング