F1 ニュース

投稿日: 2016.04.26 18:36
更新日: 2016.04.26 21:10

メカUPDATE:新参ハース、3戦目に持ち込んだ新型フロントウイングは失敗なのか


F1 | メカUPDATE:新参ハース、3戦目に持ち込んだ新型フロントウイングは失敗なのか

 F1デビューから2戦連続でポイントを獲得したハースは、3戦目の中国GPに新しいフロントウイングを持ち込んだ。新ウイングはメインフラップの上に立つ垂直フィンに、水平フィンが追加されている(写真:赤の矢印)。ちなみに水平フィンには1本支柱が立っている(写真:黄の矢印)。

 中国GPの舞台である上海国際サーキットは1〜2コーナーと7〜8コーナー、そして12〜13コーナーと高速コーナーがあり、現在のF1サーキットでは珍しくフロントのダウンフォースが重要な「フロント・リミテッド」のサーキットである。ハースはフロントのダウンフォースを安定させることを狙って、新しいフロントウイングを投入した。

 ところが金曜日のフリー走行で使ってみると、あまり機能していないことが発覚。新しいフロントウイングは速さが十分ではなく、フロントタイヤのデグラデーションも悪かった。

 そのため土曜日以降、ハースはフロントウイングを旧バージョンに戻した。しかし、レースではスタート直後の1コーナーでロマン・グロージャンがザウバーのマーカス・エリクソンと接触してしまう。

「僕たちは旧型のフロントウイングでスタートしたんだけど、新ウイングに問題があったときのスペア用に持ってきたものだから、十分な数がなかった。スタート直後にクラッシュしたために、結局は今回採用を見送った新型のフロントウイングを装着して、再スタートしなければならなくなった。だから、レースは僕にとって難しいものになってしまったよ」と、グロージャンは嘆いている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング