F1 ニュース

投稿日: 2016.02.23 11:04
更新日: 2016.03.11 11:14

ホンダ84周、フェラーリ&ベッテルが首位発進


F1 | ホンダ84周、フェラーリ&ベッテルが首位発進

 22日、今シーズン初の合同テストがスペイン、バルセロナにあるカタルニア・サーキットで幕を開け、初日はフェラーリの新車SF16-Hを駆るセバスチャン・ベッテルが総合トップタイムをマークした。

 今年から新規参戦するハースを加えた全11チームが一同に会した新シーズン初の合同テスト。スタートを前に、ルノー、フォース・インディア、トロロッソ、マノーの4チームが新車を初公開するなど、例年通り慌ただしい幕開けとなったテスト初日は、多くのチームが順調に周回を重ねる無難なスタートとなった。

 そんななか、初のセッションで総合トップタイムをマークしたのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルだった。新車SF16-Hのステアリングを握ったベッテルは朝のセッション終盤にミディアムタイヤを履いて1分24秒939をマークすると、午後はタイム更新こそしなかったもののトータル69周をトラブルフリーでこなすなど、幸先の良いスタートを切った。
 この日、フェラーリは朝から空力のチェックやマシンの基本的なセットアップの調整を行ったほか、機能的なテストや異なる燃料でのコンスタントなスピードランなど、各種のプログラムに取り組んでいる。

 2番手はメルセデスW07をドライブしたルイス・ハミルトンとなったが、彼は朝のセッションで早くもレース距離に相当する66周を走ると午後にはさらに90周を追加。トータルでは156周と唯一、100周を軽く超える距離を走破した。この日のメルセデスは各部のシステムチェックと多くのデータを収集するためマイレージを稼ぐ目標を掲げていたが、フェラーリと同じミディアムタイヤで記録したベストタイムもトップからコンマ5秒と、W07が引き続き速さと信頼性を兼ね備えていることを証明した。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Moduloスマイル
永原芽衣(ながはらめい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング