F1 ニュース

2016.05.30

レッドブル、ピットインの混乱は「間違えてソフトタイヤを用意」と説明


F1 | レッドブル、ピットインの混乱は「間違えてソフトタイヤを用意」と説明

 ガレージのレイアウトが通常どおりであれば、このようなミスはおそらく発生しなかったと考えているホーナーだが、モナコのレイアウトを責めるつもりはないと語る。

「言い訳はしたくないが、モナコのガレージの狭さを考えると、エクストリームウエット、インターミディエイト、それに3種類のスリックタイヤを、それぞれ2台分、同時に準備するのは明らかに厳しい。知らされてから30秒で準備をするという部分で、伝達ミスが起きた。いつもだったら、まったく問題にならないことだ。レースエンジニアが2階に座っていなければならないモナコは、全チームにとって難しいチャレンジだ。ガレージに、どのタイヤがあるのかを見ることができない。けれども我々は今回のミスがどのようにして起きたかを十分に分析し、二度と起こらないようにする必要がある」

 リカルドはポールポジションからスタートし、レース序盤でトップを快走していた。しかし1回目のピットストップでリカルドがウエットからインターミディエイトに交換したときに、ハミルトンはコースが乾くまでウエットで走り続けることを選択。インターミディエイトを挟まずスリックへと変更した。このときリカルドは、まずハミルトンに先行を許している。スリックへの交換はリカルドがハミルトンよりも1周遅く、ピットストップに10秒以上の時間がかかった。それでもハミルトンのすぐ後ろでコースへ戻り、トップ奪還をかけてのバトルを演じた。

「遅れがあったにもかかわらず、隣り合わせで復帰した。ダニエルのインラップがどれほど速く、ルイスのアウトラップがどれほど遅かったかの証明だ。我々にできるのは、今日十分な務めを果たせなかったことをダニエルに謝罪するだけだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 B-Max Racing Lady
あやきいく

F1 Photo Ranking

フォトランキング