レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.02.20 18:42
更新日: 2016.03.11 18:49

ウイリアムズ新車分析:空力や冷却、進化は細部に

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | ウイリアムズ新車分析:空力や冷却、進化は細部に

 技術ウォッチャーの世良耕太氏が、2月19日に公開されたウイリアムズの新車画像をチェック。2015年型との比較から、ニューマシンの狙いを探る。

__________

 ウイリアムズFW38のオフィシャル画像が公開されたが「これ、本当に新車?」と感じたのが偽ざる第一印象である。だが、注意深く見ると、進化(変化?)を確認することができる。

 2014年のレギュレーション変更によってビームウイングが廃止された。ビームウイングはそれ自体でダウンフォースを発生するというより、ディフューザーの効果を高めるアイテムとして機能していた。

 ウイリアムズFW38のオフィシャル画像を注意深く見ると、リヤウイングを支えるピラーの根元に、ビームウイング状のデバイスが形成されているのが確認できる(写真1枚目)。ビームウイングそれ自体は規則によって禁止されているので、カウルなどボディワークの一部としての解釈なのだろう。いずれにしても、ディフューザーの働きをサポートし、効果を高める役割を担っているのは間違いない。

 写真2枚目の「FW37」と見比べると、変化がよくわかる。

 フロア前端コーナー部、ちょうどサイドポンツーン前端の下にあたる位置は、ディフューザー部と並んでダウンフォースを効果的に発生させやすいエリアだ。このエリアはフロアの内側から外に向けて、空気をスムーズに流したい。

 FW38のフロア前端サイド部のエッジを見ると、凝った処理を施しているのが確認できる(写真3枚目)。このエリアを通過する空気のスピードを速め、ダウンフォース増大を狙っているのだろう。

 FW37(写真4枚目)のサイドポンツーン前端開口部は「V」を横にした断面をしていたが、FW38は「U」を横にした断面に変わっている。Rexonaのロゴを対比させて見ると、サイドポンツーンの形状が変わっている(偏平になり、全体にコンパクトになっている)ことに気づく。熱交換機の形状やレイアウトも変更しているはずだ。

 FW38はFW37に似ている(変化が少ない)ように見えて、実は劇的に進化しているようだ。

__________

「新車分析」はF1速報のオリジナル企画です。すべての記事をチェックするにはF1速報webの連載メニューから、一覧へ。


関連のニュース