F1 ニュース

投稿日: 2016.06.12 01:17
更新日: 2016.06.12 01:27

赤旗終了のフリー走行3回目はベッテル首位。マグヌッセンはマシン大破も無事


F1 | 赤旗終了のフリー走行3回目はベッテル首位。マグヌッセンはマシン大破も無事

 2016年F1第7戦カナダGPは、6月11日にフリー走行3回目が行われた。気温14度、路面温度18度と、金曜日から一転して涼しいコンディションのなか、トップタイムを記録したのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。2位にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入った。なお、ルノーのケビン・マグヌッセンがクラッシュを喫したため、セッションは赤旗中断後に約7分を残して終了している。

 セッションがスタートすると各車続々とコースイン。ほぼ全車がタイム計測を行うなか、序盤タイムシートのトップに立っていたのはフェルスタッペン。スーパーソフトタイヤで1分14秒310までタイムを伸ばしていたが、ウルトラソフトタイヤを履くベッテルが1分14秒139をマークして順位が入れ替わる。さらにベッテルは翌周1分14秒068と自己ベストを更新して、引き離した。

 残り約30分となったところで小雨が降り出すコンディションとなるが、そこでウルトラソフトに履き替えたフェルスタッペンがベッテルに迫るタイムを叩き出す。しかしベッテルは1分13秒391と、この週末唯一の13秒台に入り、トップを守る。


本日のレースクイーン

R'Qs Racing GIRLs
桐生もえこ(きりゅうもえこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング