F1 ニュース

投稿日: 2016.06.15 12:42
更新日: 2016.06.15 12:44

初開催バクーでレッドブルは「パワー不足からストレートで1.2秒ロス」と予測


F1 | 初開催バクーでレッドブルは「パワー不足からストレートで1.2秒ロス」と予測

 チームのモータースポーツ・コンサルタントを務めるヘルムート・マルコによると、レッドブルはF1ヨーロッパGPが開催されるバクーの長いストレートでは、パワー不足によって1.2秒をロスすることになると悲観的だ。 

 今週末に初開催となるアゼルバイジャンはコース全長が今シーズン中2番目に長く、ストレート部分だけでも2.25kmある。レッドブルのパートナーである、ルノーはパワーユニットの開発を順調に進めており、最新のアップグレードでは1周あたり0.5秒の短縮を達成したと言われている。

 レッドブルはパワーユニットにも助けられて進化を遂げ、スペインGPで優勝。続くモナコGPでも勝利に値するポテンシャルを見せ、パワーの影響が大きいカナダGPでも競争力の向上を示した。しかし、それでもマルコはヨーロッパGPに向けて悲観的な見方をしており、以下のように述べた。

「非常に長いストレートは、レッドブルにとって利益にはならない。コンピュータでのシミュレーションでは、1周あたり1.2秒ロスすることになっている。素晴らしいマシンがあったとしても、これをコーナーで埋め合わせることは、ほぼ不可能だ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
藤高つばさ(ふじたかつばさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング