F1 ニュース

投稿日: 2016.06.17 20:39
更新日: 2016.06.17 20:40

ハミルトン「シミュレーターとTVゲーム、どちらも学べる量に大差ない」


F1 | ハミルトン「シミュレーターとTVゲーム、どちらも学べる量に大差ない」

 ルイス・ハミルトンによれば、メルセデスのシミュレーターでドライブしても、コンピューターゲームをプレイしても、サーキットについて学べることは「それほど違わない」という。 

 近年のF1では、サーキットでのテストが規則で厳しく制限されていることもあり、シミュレーターは必要不可欠なツールと言っても過言ではない。しかし、メルセデスのチームメイト、ニコ・ロズベルグは、メルセデスが作成した新しいバクーのストリートサーキットのシミュレーションには、いくつかの部分で「違和感があった」と語っている。そしてハミルトンも、このツールの限界を感じて、今週末のヨーロッパGPまでにシミュレーターではわずか8周しか走らなかったという。

「僕はあまりシミュレーターには乗らない。まだ完璧とは言えないからだ。もちろん、さらに改善しようと努力はしているけどね」とハミルトンは言う。

「とにかくシミュレーターで長時間を過ごすことはない。マクラーレン時代にイヤというほどやらされたしね。100ポンドで買えるプレイステーションでも、同じくらいのことは学べるよ」

 シミュレーターはドライバーよりも、むしろエンジニアたちの役に立つと、ハミルトンは考えている。シミュレーターでは、実際にクルマを走らせるときの身体的な感覚を完全に再現することはできないからだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング